日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 『カメ止め』監督最新作
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.554

“カメ止め”上田慎一郎監督の才能は本物なのか? 噓と救済をめぐる物語『スペシャルアクターズ』

文=長野辰次

上田慎一郎監督の新作『スペシャルアクターズ』。金髪の演出家は『誰も知らない』(04)の北浦愛だが、メインキャストは無名の役者ばかり。

 無名俳優たちをキャスティングした上田慎一郎監督の『カメラを止めるな!』(18)は興収31億円の大ヒットを記録し、口コミで人気が広がっていく様子は“カメ止め”現象と呼ばれるまでになった。無名監督から一躍注目の存在となった上田監督の劇場用長編映画第2弾『スペシャルアクターズ』が現在公開中だ。『カメ止め』の斬新な物語構成は2014年に解散した劇団「PEACE」の舞台「GHOST IN THE BOX!」から着想を得たものだったことから、完全オリジナル作となる『スペシャルアクターズ』で上田監督は真価を問われる立場となっている。

 実際のところ、想像もしなかった大ヒットの直後だけに、新作の脚本を執筆するのは相当のプレッシャーだったようだ。若手監督の起用で定評のある「松竹ブロードキャスティング」から2017年11月の段階でオリジナル作のオファーを受けていた上田監督は、“カメ止め”ブームがようやく落ち着き始めた2018年12月から動き始める。年明けから新作映画用のキャストオーディションとワークショップを行い、キャストにアテ書きする形で脚本を執筆しようしたが、『カメ止め』での成功が逆に重荷として大きくのしかかり、まったく書けない状態に陥ってしまった。

 本作の監督補を務める妻のふくだみゆきさん、「松竹ブロードキャスティング」のプロデューサーらに励まされ、またキャストからも意見やキーワードを募り、クランクインが迫る切羽詰まった状況の中で生まれたのが、プレッシャーに遭うと失神してしまうという気弱な主人公の物語だった。自身が置かれた状況をそのまま生かす形で、上田監督は撮影1週間前にようやく完成稿を書き上げた。

123

“カメ止め”上田慎一郎監督の才能は本物なのか? 噓と救済をめぐる物語『スペシャルアクターズ』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

芸人とテレビの“ちゃんとしたルールのある社会”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴...
写真