日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 史上最高の官能スパイコメディ続編
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.556

史上最高の官能スパイコメディが奇跡の続編化!!  忘れられない笑激『クライングフリーセックス』

インディーズ映画ならではの奇抜さが爆笑を呼ぶ『クライングフリーセックス』。15分の上映時間の中に娯楽要素がぎっしりと詰まっている。

 断言しよう。こんなにも、くだらない映画はかつてなかったと。でも、あまりのくだらなさに、思わず吹き出してしまう。それが官能アクション映画『クライングフリーセックス』だ。わずか15分の短編映画ながら「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」など国内外のファンタスティック系映画祭の会場を沸かせ、『カメラを止めるな!』(17)大ヒットの発火点となった“インディーズ映画の聖地”新宿ケイズシネマで2018年9月に公開されるや、満席回が続出したという伝説のショートムービーだ。

 15分間の上映中、劇場を爆笑の渦に終始巻き込んでしまった『クライングフリーセックス』は何がすごかったのか? それは設定のくだらなさに尽きる。主人公はすご腕のスナイパーであるナオミ(合アレン)とコブラ(マイケル・ファンコーニ)。秘密組織に潜入していた2人は作戦遂行を直前に控え、セックスに励んでいた。セックスしないと、手が震えて銃が握れないというナオミの特殊体質のせいだった。

 セックスで盛り上がりすぎてしまい、うっかり敵に気づかれてしまうナオミとコブラ。たちまち武装兵に包囲される。だが、“膣痙攣”状態となり、2人の体は離れることができない。絶体絶命の窮地に追い込まれた2人は真っ裸のまま、いや駅弁スタイルのまま、死闘を繰り広げるはめに陥る。

 全裸スパイと化した2人は、ガンアクション、ソードアクション、カーアクションへと次々と挑むことに。バディムービーの古典的名作『手錠のままの脱獄』(58)など、過去には対立する2人が手錠で繋がれたまま逃走する作品はあったが、男女の局部がつながった状態で戦うというバディアクションものは恐らく人類史上初。わずか15分の中に、ナンセンスギャグと本格アクション、そして孤独に戦うスナイパー同士の心の触れ合いが描かれた傑作コメディとしてケイズシネマを訪れた観客の脳裏に焼き付いた。

123
こんな記事も読まれています

史上最高の官能スパイコメディが奇跡の続編化!!  忘れられない笑激『クライングフリーセックス』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

チュート徳井、巨額脱税で芸人生命終了へ

”板東英二超え”の巨額申告漏れで、売れっ子芸人がテレビから消える!?
写真
人気連載

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

 マーシーこと田代まさし容疑者(63)が、覚...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真