日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 星野真里のがっかりな称号とは?

星野真里、夫とのイチャつき告白で批判浴びるも思い出された“がっかり”な称号とは?

トルチュオフィシャルサイトより

 数々の人気ドラマに出演し、ブレイクした女優の星野真里が11月4日、『有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議SP』(TBS系)に出演。2011年に結婚した夫の困った行動について語り、注目を集めている。

「人前でチューしてくる」「最近だとママ友の前でぎゅーっと(抱きしめられた)」とのろけ、スタジオからは「家でやれ」という声が上がった。このニュースを見たネット民からは、「ガッガリ」「がっかりさん」といった呼び名が多く書き込まれていたが、彼らの言う“がっかり”とは一体何のことなのだろうか。

「実は星野、2005年に映画でバストトップがあらわとなった大胆な濡れ場を披露したのですが、そのバストサイズの小ささから、ネット上で『がっかりおっぱい』と騒ぎ立てられたことがあったんです。当然、このあだ名は本人の耳にも届いたようで、2011年の3月に投稿されたブログの中で、某ブランドの子供服を試着した星野は、細身のスタイルのため着られると思いきや、胸周りがきつかったそうで『たとえ、がっかりおっぱいといわれようとも、私は大人。大人の女性なのだぁ~!!』と、ネタにしていました」(週刊誌記者)

「がっかり」なあだ名はどうやら、本人公認だったようだ。

最終更新:2019/11/10 12:00
こんな記事も読まれています

星野真里、夫とのイチャつき告白で批判浴びるも思い出された“がっかり”な称号とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都...
写真