日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 女芸人とテレビマンとの結婚

イモトだけじゃない? 女芸人にとってテレビマンとの結婚はメリットだらけ!?

文=日刊サイゾー

ワタナベエンタテインメント公式サイトより

 イモトアヤコが『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の“石崎D”こと石崎史郎ディレクターと“交際0日婚”することを番組内で発表。最近では柳原可奈子もフジテレビ社員と結婚しており、女芸人とテレビ関係者のカップルが今後も増えそうな気配だ。

「先駆けとなったのは森三中・大島美幸と人気放送作家の鈴木おさむ。2002年、初めて会った宴席で鈴木から『結婚しよう』とプロポーズ。こちらも交際0日婚でしたから、そちらの意味でもイモトの先輩ですね。ほかにも、キンタロー。もテレビディレクターとゴールイン。彼女がAKB48のモノマネだけで終わらなかったのは、夫からの適切な助言があったからだとされています」(週刊誌記者)

 振り返れば、およそ40年前に、“浪速の女帝”こと上沼恵美子が関西テレビの敏腕テレビマンと結婚しているが、女芸人からするとテレビマンとの結婚はいいこと尽くめだという。

「やはり、体を張る仕事に理解があるし、業界人目線でのアドバイスももらえる。相手がテレビマンなら、テレビの中でも気軽に話題にしやすいし、夫の側がそれに反対することも少ない。鈴木が大島との夫婦生活についてつづったエッセイ本『ブスの瞳に恋してる』(マガジンハウス)はのちにドラマ化もされているように、女芸人とテレビマンの結婚は、それ自体がネタになるメリットもある。イモトが結婚を発表した『イッテQ』の平均視聴率は22.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出していますし、しばらく夫婦生活はイモトの飯のタネになりそうです」

 今後、テレビマンは女芸人からの「オンナの視線」を感じることが増えるかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/06 12:00

イモトだけじゃない? 女芸人にとってテレビマンとの結婚はメリットだらけ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

完全終了!? テレ朝『報ステ』

 テレビ朝日が、夜の看板報道番組『報道ステー...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

 1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントにおいて、その中心にいた人物が山...
写真