日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 坂口杏里が夜の店を渡り歩くワケ

単なるキャバクラ荒らし? 坂口杏里が夜のお店を短期間で渡り歩くセコイ理由

文=日刊サイゾー

坂口杏里

 元タレントの坂口杏里が12月3日、自身のインスタグラムを更新。先月から勤めていたキャバクラを退店し、新しいお店に移ったことを報告した。

 性風俗店を辞めてキャバクラ嬢に返り咲いた坂口は、以前からインスタグラムで「坂口杏里、出勤しました!一緒に飲みましょう!」などとフォロワーに向けて来店を呼びかけていた。しかし、実際に訪れるファンは少なかったようで、「暇です!」「お待ちしています!」と、毎日必死に営業していたことが記憶に新しい。

 そうした坂口に対し、ネット上からは、「なぜお茶ひきキャバ嬢だったのか考えてみろ」「店を変えるんじゃなくて自分を変えなきゃいけないと思います」などと批判するコメントが飛び交っていた。

 なぜ坂口は入店したばかりのお店をすぐに辞め、他店に移ってしまうのだろうか。キャバクラ事情に詳しい週刊誌記者は、こう推測する。

「キャバクラ嬢は入店から1カ月間だけ、“保証時給”と呼ばれる高時給待遇になっているんです。でも、指名が取れないままで保証期間を過ぎてしまうと、時給はどんどん下がっていって稼げなくなる。中には、1カ月の保証時給期間だけ働いて、また他の店に移って保証時給をもらう、“キャバクラ荒らし”もいるのが現状。もし、坂口がそうだとしたら……。かつてたくさんのテレビに出演していた人気タレントの成れの果てだと思うと、悲しくなりますね」

 今回入店した店には長く勤めてもらいたいものだが、バンド活動もYouTuberも続かなかった坂口には期待できそうもない?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/09 15:23
関連キーワード

単なるキャバクラ荒らし? 坂口杏里が夜のお店を短期間で渡り歩くセコイ理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

技能実習生の本当に迫ったルポ

 外国人技能実習生制度について日本のマスメディア上では悪い話ばかりが流通している。「...
写真