日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > グラメゾ東京が自己最高視聴率

頼みの綱は前番組だった!? 木村拓哉『グランメゾン東京』自己最高視聴率の要因とは?

文=田中七男

TBS公式サイトより

 木村拓哉が主演するドラマ『グランメゾン東京』(TBS系、日曜午後9時~)の第9話が15日に放送され、視聴率は自己最高の14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)をマークした。

 初回は12.4%で発進し、第2話13.2%、第3話11.8%、第4話13.3%、第5話12.6%と推移。以降、第6、7話は11.8%、第8話は自己最低の11.0%にとどまり、3週連続11%台と伸び悩んでいた。

「木村の主演ドラマですから、TBSは当然15%を目標にしていました。ところが、第8話までの最高が13.3%で、11%台が定位置になりつつあって、局内も沈滞ムードが漂っていたようです。しかし、ここに来て、ようやく14%台後半が出て、制作陣もホッと胸をなで下ろしていると思います。同日、裏の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)、『警視庁・捜査一課長スペシャル』(テレビ朝日系)は、いずれも12%を超えていますから、第9話の視聴率が伸びた要因は、決して裏がコケたからではないでしょうね」(テレビ誌記者)

 それでは、第9話の視聴率が自己最高を記録したのはなぜなのか。

「前番組の『坂上&指原のつぶれない店』2時間半スペシャルが8.1%と、まずまずの数字を獲ったからじゃないでしょうか。視聴者にチャンネルを替えさせないためには、やはりタテの流れは大事なんです。8月まで、午後8時台には『消えた天才』がオンエアされていて、7~8%程度獲っていたんです。ところが、同番組でヤラセを行っていたことが発覚し、放送休止の後、打ち切りになってしまいました。9月からは、急場しのぎの特番や、『つぶれない店』のスペシャルで対応してきましたが、いずれも低視聴率で『グランメゾン東京』にうまくつながらなかった。『消えた天才』のヤラセが発覚せず、番組が継続していたら、『グランメゾン東京』も、もう少し数字が獲れていたのでは」(テレビ制作関係者)

 なにはともあれ、ようやく光が見えた『グランメゾン東京』も残すところはあと2回。最終回(第11話、29日)の前番組は『明石家さんまの爆笑!ご長寿グランプリ2019』の予定。TBSとしては、“さんま頼み”で、視聴者をクギ付けにしてもらい、『グランメゾン東京』にいい流れをつくってくれることを願うばかりだろう。

最終更新:2019/12/18 17:30

頼みの綱は前番組だった!? 木村拓哉『グランメゾン東京』自己最高視聴率の要因とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

家族を介護する“ヤングケアラー”の孤独と本音

 18歳未満で家族の介護に携わっている人のことを「ヤングケアラー」と呼ぶ。  家族に...
写真