日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 紅白・内村&綾瀬は司会を更迭か

あの人はイライラ!? 紅白が史上ワースト視聴率で、内村光良&綾瀬はるかは司会を更迭か

文=日刊サイゾー

綾瀬はるか

 本音では合格点は上げられなかったのでは?

 1月9日、NHKの上田良一会長が同局で定例会見を行い、昨年大みそかの『第70回 NHK紅白歌合戦』について言及。総合司会の内村光良、紅組司会の綾瀬はるか、白組司会の櫻井翔の司会陣について「3人の息が合った、テンポのよい進行は華やかなステージを盛り上げてくれた」と評価した。

「NHKサイドは昨年の紅白が始まる前から、内村に4年連続となる2020年の司会をオファーしていた。しかし、19年の紅白は平均視聴率が、37.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)となり、紅白史上ワーストを記録したことで一転、白紙になった模様です。来年は嵐のラストとなるので、嵐だけで押したほうがいいとの声も出始めています」(テレビ関係者)

 そんな内村以上に、紅白からの“リストラ”が確実と言われているのが綾瀬だという。コントにも参加するなど頑張っていたようにも思えるが、業界関係者がこっそり耳打ちする。

「彼女は天然キャラとあって、なかなか思うように進行できなかった。紅白は膨大な量の台本を秒刻みで回さなくてはいけないため、櫻井はイライラしっぱなし。カメラが回っていないところで、綾瀬に対し一生懸命やるようにうながしていたといいます。櫻井もKingGnuのことをKing & Gnuと紹介するポカをやらかしているんですけどね。ともあれ、ジャニーズタレントが司会を務めているうちは、もう綾瀬に司会の声はかからないのでは」

 司会者のやらかしハプニングがあったほうが、視聴者をハラハラさせられて、視聴率アップにつながる気もするのだが……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/14 09:32

あの人はイライラ!? 紅白が史上ワースト視聴率で、内村光良&綾瀬はるかは司会を更迭かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

話題の「バ美肉」マンガ2選

令和になってもYouTuberの勢いは止まりませ...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

 5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。これを記念し...
写真