日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 櫻井翔、目撃された無防備な姿
週刊誌スクープ大賞

嵐・櫻井翔、ベトナム婚前旅行で目撃された無防備な姿「まるで長年連れ添った夫婦のようでした」

 ところで、新潮と文春でやっている、相模原・障害者19人殺害事件の植松聖被告(29)の公判が、横浜地裁で始まった。

 初公判で植松は、「皆様に深くおわびします」と頭を下げたが、その後、右手小指をかみ切る不可解な行動をとり、係官に取り押さえられた。

 植松の弁護人は、彼には精神障害があり、事件を起こした時は、心神耗弱だったと主張し、死刑を免れようという作戦のようだ。

 だが、文春でノンフィクション・ライターの渡辺一史が、拘置所で面会した植松が彼に、「頭がおかしければ無罪という理屈は間違っています。心神喪失者こそ死刑にすべきです」と語ったという。

 それは、自分は心神喪失者ではないということではなく、植松が犯行動機を「意思疎通のとれない障害者は安楽死させるべきだ」といっているように、「自らを心神喪失者、または心神耗弱者と認めることは、『植松、お前こそ安楽死すべきだ』といわれるに等しい」からだと渡辺は書いている。

 また、植松が「安楽死」という言葉を誤解して使っているという。オランダやスイスで容認されている安楽死は、本人の明確な意思に基づいて行われるもので、「意思疎通のとれない人」を殺していいということではない。

 こんな常識が分からない植松に殺された被害者たちが哀れである。

 この事件は、警察が被害者たちを匿名にした問題もクローズアップされた。公判でも実名は呼ばれず、甲、乙、丙という記号で読み上げられている。

 重傷を負った尾野一矢(46)は、家族が実名での審理を希望したため、名前を出されたが、公判当日、殺された19歳の母親が手記を発表し、娘の名前は「美帆」だと明かしたが、裁判所から「フルネームか匿名しか認めない」といわれ、法廷では「甲Aさん」と呼ばれた。

 重い知的障害のある娘と暮らす最首悟和光大学名誉教授は、「名前が出されないということは本来は根本的な人権侵害であり、法という名で人の尊厳を汚す行為に他なりません」と憤る。

 また、事件後に、この施設の入居者に対しての扱いに多くの問題点があったことも指摘されている。

 渡辺が書いているように、施設の問題点や介護従事者たちの入居者への介護意識など、知的障害者だけではなく、いつかはお世話になるわれわれにとっても重要で普遍的なテーマである。おかしな人間が起こしたおかしな事件で片づけてはいけない。

 今週もカルロス・ゴーン絡みの話題が多い。

 ポストは、レバノンでやったゴーンの会見に入ることを許可された、たった三社の日本のメディアの一つだった。

 それは、ゴーンが日本から逃亡する以前から、ゴーンにインタビューを申し込んでおり、1月に実現するはずだったそうだ。

 そのために、事前の打ち合わせとして、ゴーンが保釈後に住んでいた部屋に行ったのが、逃亡9日前だったという。

 その時のことを、会見にも出席した在欧州ジャーナリストの宮下洋一がレポートしている。

 ゴーンが日本のメディアを三社に絞ったのは、日本のメディアは客観的に報道してくれないということのようだが、要は、俺のいう通りに書いてくれということである。

 ここでもゴーンは、取り調べの厳しさ、拘置所での扱いの酷さを縷々述べている。
「もっとも苦しかったのは、完全に孤独だったことだ。夜になると、紙とペンを取り上げられ、毛布は2枚だけで冬はとても寒かった。枕も選択肢がなかった。拘置所の中の状況は、非常にタフだった」

 ゴーンの弁護団の一人、高野隆弁護士も、
「彼がこの1年余りの間に見てきた日本の司法とそれを取り巻く環境を考えると、この密出国を『暴挙』『裏切り』『犯罪』と言って全否定することはできない」

 といっている。

 人質司法、起訴されれば100%近い有罪率、裁判にかかる年月などを考えたら、絶望的にならざるを得なかったのであろう。

 レバノンで会ったゴーンの妻・キャロルもこういったそうだ。

「日本の司法は残酷よ」

 この中で、元東京地検特捜部検事だった郷原信郎弁護士が、ゴーンが日本にいるとき、何度もインタビューをし、4月までに本にする予定だったといっている。

 彼は、今回の事件が、日産のクーデターに検察が加担した無理筋の事件だと見ており、ゴーンもレバノンから、「今まで話したことは、どう使ってもらっても構わない」といっているそうである。

 着々と、汚名挽回を図るゴーンだが、まだまだ先は不透明なようだ。

 カルロス・ゴーンのレバノン逃亡、会見での日本の司法批判は、世界中から注目を集めているが、新潮は、お得意(?)の警察情報を駆使して、かなり詳しく、この間のゴーンの足取りを追っている。

 ゴーンの逃亡劇に登場する日本の芸能プロダクションとPR会社がある。会見に入れたのは小学館、テレビ東京、朝日新聞の3社だけだったが、急遽、2日後の10日に日本メディア向けの場が設けられたが、それを仕切ったのは『サニーサイドアップ』だったという。ここはサッカーの中田英寿のマネージメントで知られるPR会社で、社長の次原悦子はゴーンと以前から面識があり、保釈後に本を出したいというゴーンの相談にのっていたそうだ。

 今一つは、芸能事務所「渡辺プロダクション」である。ゴーンが逃亡直前に、ここが所有している渋谷区広尾のマンションに住む人間の部屋に入ったそうである。ここは、ゴーンの実姉や外国の大使館関係者も出入りしていたという。もちろん、ナベプロがゴーンの逃亡の手助けをしたということではない。

 ゴーンは、新幹線で新大阪に向かい、関西空港からプライベートジェットに乗り込んだのだが、関空の運営はオリックスとフランスのヴァンシ・エアポートを中核とする事業体が担っているという。ここには「玉響(たまゆら)」というプライベートジェット専用の施設があり、ここから歩いてすぐに搭乗できるのだ。

 無罪請負人である弘中惇一郎弁護士は、依頼人に海外逃亡され、腕を振るうことなく辞任した。

 これでゴーンは安泰かというと、そうではないようだ。彼の資産は推定1億2000万ドルといわれていたが、今度の逃亡で、保釈金15億円は没収され、逃亡にも22億円はかかったのではないかといわれる。カネがなくなれば、ゴーンを批判する人間たちも勢いを増し、レバノン政府もゴーンを切るかもしれない。

 そうなれば、ゴーン夫妻は、捕まるのに怯えながら、各国を転々としながら生きていかざるを得ないのだろうか。

12345
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed