日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 東出昌大、好感度暴落で廃業危機

女性層から総スカン!? 東出昌大『ケイジとケンジ』視聴率&好感度暴落で“廃業危機”に

文=田中七男

ユニマテ公式サイトより

 俳優・東出昌大が自身の不倫が原因で、妻・杏と別居状態にあることを、23日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた。

 同誌によると、東出は杏が第3子を妊娠中の2017年から、映画『寝ても覚めても』(18年9月公開)で共演した若手女優・唐田えりかと親密交際。それがばれて、杏に詰め寄られた東出は「2度と会わない」と約束しながらも、自ら唐田に連絡を取って逢瀬を重ねていた。その証拠が出たため、杏が我慢の限界に達し、1月上旬、東出を自宅から追い出したという。現在、東出は都内のマンスリーマンションで生活しているとされる。

 報道を受け、東出の所属事務所ユマニテでは「ほぼ事実」と認め、「ただ今回の別居は離婚へ向かうものではなく、なんとか修復へのステップを踏むための冷却期間と聞いております」と説明。不倫相手の唐田の事務所フラームも、記事内容を認めている。

 東出と杏は、13年後期のNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』で夫婦役を演じたことがきっかけとなり、交際に発展。15年元日に結婚し、16年5月に双子の女児、17年11月に第3子となる男児が誕生。東出は積極的に育児に参加しているような発言も多く、“イクメン”のイメージが強く、二人は“おしどり夫婦”として知られていただけに、このダメージは大きいだろう。

12

女性層から総スカン!? 東出昌大『ケイジとケンジ』視聴率&好感度暴落で“廃業危機”にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家に嫁いだ悲劇の皇女・和宮物語

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

若者へのドリーム・ハラスメント

「夢を持て」とよく言われる。しかし、夢を叶えられる人ばかりではないし、社会経験もない...
写真