日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 新型肺炎で中国人差別が加速!
遠藤誉もだまされた!

【新型肺炎】コアラ食は真っ赤なウソ! 中国人への偏見あおるフェイクニュースにご用心

文=奥窪優木(おくくぼ・ゆうき)

過去にも樹熊がコアラと誤訳されて騒動になったケースが……

 広東在住の中国人によると、タケネズミは中国語で、ほかにも「竹鼠」や「芒鼠」などと呼ばれているが、比較的大型のタケネズミが「樹熊」と呼ばれるようだ。 

 ちなみに、樹熊がコアラと誤訳されて騒動になったケースは過去にもある。中国のポータルサイト「捜狐」が2018年10月7日、「広東省佛山市で撮影されたという、58元(約930円)で食用として売られていたコアラの画像がネット上で話題となり、オーストラリア総領事館が調査に乗り出したが、タケネズミだった」との記事を配信している(参照記事)。また、11年にも、オーストラリア人が広東省広州市の飲食店のメニューに「紅焼樹熊」の文字を見つけて驚いたが、ネズミの一種だと判明したという話がネット上で話題となっており、意外とベタな間違いなのである。

 われわれ人間は混乱や不安の中にあるとき、デマに惑わされやすいものであることは、関東大震災直後の朝鮮人虐殺事件の例を引き合いに出すまでもないことだ。新型肺炎の拡大は今後もしばらく続くものとみられるが、最大限の警戒をしながらも、氾濫する情報に惑わされないよう冷静な態度が必要だ。

奥窪優木(おくくぼ・ゆうき)

フリーライター。上智大学経済学部卒業後、ニューヨーク市立大学へ留学、中退。広西チワン族自治区玉林市の「犬肉祭り」を2度にわたり取材するなど、中国「野味」事情にも明るい。

最終更新:2020/01/29 09:25
12

【新型肺炎】コアラ食は真っ赤なウソ! 中国人への偏見あおるフェイクニュースにご用心のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

志村けん死去…大悟との寵愛関係

「ザ・ドリフターズ」のメンバーでタレントの志村け...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...
写真