日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > テレビ日記  > ロンブーにおける亮の価値
テレビウォッチャー・飲用てれびの「テレビ日記」

ロンブー亮「ただ隣にいるだけの芸人」という価値

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

ロンブー淳「やっぱり亮さんが隣にいてくれるほうが、僕がヤンチャできる」

 しかし、宮下のこの問いには、同じ日にまったく別のところにいた芸人が答えを出していたのかもしれない。ロンドンブーツ1号2号の田村亮だ。

『アメトーーク!』で”じゃない方芸人”の第1回目の企画が放送されたのは2009年。そこに亮は出演していた。確か、ひな壇の座り位置は下段の画面向かって一番左。”じゃない方芸人”の典型例として出演していたといえるだろう。

 しかし、亮の存在は、典型というにはあまりに特異だ。若林や大吉などとは異なり、亮はテレビに映る意味を”じゃない方”以外にほぼ獲得してこなかった。番組の進行をするわけでもない。”じゃない方”として、ねじれた自意識を語るわけでもない。趣味の釣りが、多くの仕事につながっているわけでもない。

 淳の横にただ立っている。それが、亮がテレビでしてきたことだった。意味があるものだけが映っていると思われているテレビに、ほとんど意味を持たずに映り続けてきた。純粋な”じゃない方”と言っていいかもしれない。

 そんな亮が30日、「闇営業」問題でストップしていた芸能活動の再開に向け、大きな1歩を踏み出した。淳とのトークライブを実施し、終了後に記者会見を開いたのだ。

 その会見で「ロンドンブーツは2人にとってどういう存在か?」と記者に問われ、淳は語った。自分1人の状態だと、ブレーキを踏む瞬間がある。けれど、亮が隣にいると自由に動き回りやすい、と。

「最終的に受け止めてくれる、フォローをしてくれる人がいる状態といない状態というのを、僕は今回2019年に味わったんで。そこで言うと、やっぱり亮さんが隣にいてくれるほうが、僕がヤンチャできる」

 ただ、隣にいる。そんな存在にも意味があるのだということを、亮は人知れず示し続けていたのかもしれない。

飲用てれび(いんよう・てれび)

飲用てれび(いんよう・てれび)

関西在住のテレビウォッチャー。

サイト:記事一覧

Twitter:@inyou_te

最終更新:2020/02/04 14:27
123

ロンブー亮「ただ隣にいるだけの芸人」という価値のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

【再掲】下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真