日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 若者に“固定電話恐怖症”が蔓延

若者が新手のパワハラに辟易!? 「ワンコール縛りが嫌で会社やめた」人も出現する“固定電話恐怖症”が蔓延

文=鷲尾香一(わしお・こういち)

イメージ画像/出典:akizou

 2月5日放送の日本テレビ「スッキリ」で取り上げられた「固定電話恐怖症」がネット上で大きな話題を呼んでいる。

「固定電話恐怖症」とは、会社などの固定電話にかかってきた電話を取ることに“恐怖感”を抱くもので、若い人を中心に多いという。番組では、「知らない、顔が見えない人からの電話を受けるのは怖い」「どうして若い人だけが電話に出なければいけないのか」といった意見が紹介された。

 だが、“固定電話が苦手”というのは、今に始まったことではない。筆者が10年以上前にある大手企業の人事研修担当者に聞いた話では、「最近の新入社員は、電話に出るのが苦手な人が多い。敬語を使った電話応対が出来ない人もいる」と言っていた。

 この担当者は、「家庭に固定電話が減っていることや、固定電話があっても本人は携帯電話しか使わないので、面識のない人からの電話を受けることがなくなっているためではないか」と理由を分析していた。すでに、10年以上も前から“固定電話恐怖症予備軍”はいたということになる。

 2019年版情報通信白書によると、固定電話の全契約数は2018年度末時点で5437万(前年度比1.1%減)。住宅用加入電話数では09年度末が2584万台だったのに対して、2018年度末には1277万台と半分以下となっており、減少傾向が続いている。

 筆者がこどもの頃は、固定電話しかなく、友人に連絡を取るために電話をかけると、必ず親が電話に出たので、一生懸命敬語を使って電話をかけた。こうした点では、現在は友人に電話をかけても、携帯電話であれば親が電話に出ることはない。確かに、家庭の固定電話が使われなくなり、こども時代から“知らない、顔が見えない人”と電話で話をする経験が減ったことは、固定電話が苦手となる一要因かもしれない。

12

若者が新手のパワハラに辟易!? 「ワンコール縛りが嫌で会社やめた」人も出現する“固定電話恐怖症”が蔓延のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

セクハラ&パワハラ事件が映画化

 忠誠心を見せろ。全米最大のニュース専門チャ...…
写真
インタビュー

瓜田純士「人生3回目の花が咲く?」

 東京五輪イヤーが幕を開け、日本は果たしてどう変わるのか? 千里眼とプロファイル力を...
写真