日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 中国忖度でアベ友が手のひら返し

新型肺炎が縁の切れ目!? 安倍政権の過剰すぎる中国への忖度で“アベ友”たちが手のひら返し

文=日刊サイゾー

安倍晋三・内閣総理大臣

「今回、中国肺炎の対応で危機管理能力と決断力が欠如した政治家とわかってしまった…。」

 猛威を振るう新型肺炎。感染源の中国だけでなく、日本国内でも雪だるま式に感染者が増え、ついに2月13日には国内初の死亡者が出てしまった。

 水際対策を徹底したいがあまり横浜港に停泊させた乗客・乗員約3,700人を乗せたクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号は、海外メディアから中国・武漢市に次ぐ「第二の感染源」と呼ばれる始末だ。

 冒頭の安倍首相を批判する言葉は、「反アベ」勢力があきれてみせたのではない。2月15日、「アベ友」の代表格ともいえる作家・百田尚樹氏によるツイートだ。

 きっかけは、尖閣諸島侵入などで保守系が目の敵とする中国・習近平国家主席を、「桜が咲くころに」(安倍首相)国賓待遇で日本に招くと決まったことだった。

「国賓は、日本政府が外国から客を招く『公式招聘』の5段階のうち最高ランク。国を挙げて最高のオモテナシをするわけです。中国はこれまで日本人をスパイ容疑で次々と拘束していることからしても、決して日本を友好国ととらえていない。しかし、滞在中は宮中晩餐会が開かれ、天皇陛下との会談も行われるため、中国は天皇を『政治利用』できる。安倍首相の土下座外交にも程があり、保守系の支持層は怒り心頭なのです」(政治部記者)

 日本政府は今回の新型肺炎を受け、中国の湖北省・浙江省との行き来を禁じているが、世界から見ると”大甘”な対応だ。

 遠く離れた米国ですら中国全土との往来を禁止。4,000キロにわたって国境を接するロシアは、すべての検問所を封鎖している。

「安倍政権は、1月下旬の春節で、中国からの訪日客をあてこむ経済効果を狙ったと同時に、習氏来日に向けての友好ムードを壊したくなかったのでしょう。他国に比べ、日本の感染者数の増え方は異常で、明らかに過剰な中国への忖度による”人災”といえるでしょう」(前出の記者)

 百田氏は「船底に穴が開いて、どんどん浸水してるのに、バケツで排水してる場合じゃないだろう。排水の機能を上げるより、まず穴をふさごうよ」(14日のツイート)と政権の対応を批判しまくっているが、その思いはほかの“アベ友”にもあるようだ。

12

新型肺炎が縁の切れ目!? 安倍政権の過剰すぎる中国への忖度で“アベ友”たちが手のひら返しのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

たけし&志らく女性に周囲が迷惑

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...
写真