日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > misono、病状悪化報告も猛ツッコミ

だったらなぜ休養しない!? misono、メニエール病の悪化を報告もツッコミの嵐

 

misono

 歌手のmisonoが持病のメニエール病が悪化してしまったことを明かした。

 misonoは2019年10月に18年夏ごろから体調不良に見舞われ、診断の結果メニエール病と診断されたことを報告。病状などについてSNSでも語っている。

 そんなmisonioだが18日にブログを更新し、今年に入ってから海外を転々としていたため仕事のオファーを多数断っていたことを告白。しかし、新型コロナウイルスの影響かアジアでの滞在がなくなったため、「急遽、東京にいたので結局、働いていたし(笑)」と活動していたことを明かした。

 さらにmisonoは2月1日に北海道での歌唱の仕事をこなしたといい、「極寒だったのに、数千人ものお客さんが!?ファンは勿論の事、スタッフさんにも感謝です…」と多くのお客さんがライブを見てくれたことを明かした。

 続けてmisonoは「公開リハもなく(リハがあっても5分だけしかマイクチェックしないんだけど)メニエール病は良くなるどころか、悪化していってるので…あんなにも大きなステージとスピーカーだったのに、ほとんど音が聞こえてなくて…かなり音をハズしていたと思う」と病状が悪化していることを告白するとともに、状態はよくなかったものの、盛り上がってくれた観客に対して、「皆様のおかげで『無事、歌い切れた』と言っても過言ではありません!」と感謝をつづっていた。

 しかし、この投稿にネット上では、「メニエール病って辛いからこそ、もう表に出なくて良いんじゃない?」「みなさん休養してしっかり休んでは?とアドバイスしてくれているのに全然聞かないですよね?」「ちゃんと休んでないからそういうことになるんだよ。休まないとだめだよ」といった声が飛び交っている。

 病状悪化をアピールするものの、なぜか自宅での休養を取ろうとしないmisonoに対し、疑問の声が多く集まっていた。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/02/21 10:30
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真