日刊サイゾー トップ > カルチャー  > バッハを破壊するARCAの革命

KOHHの元プロデューサーがディレクターに! 60分超の驚愕シングルでバッハの音楽を破壊するARCAの革命

文=高橋良

 先頃、次作をもって“引退”することを表明し、リスナーを驚かせたラッパーのKOHH。彼のプロデューサーを務めてきた318こと高橋良は、1年ほど前に音楽ビジネスからすでに“リタイア”していた。……はずなのだが、カニエ・ウェストやビョーク、FKAツイッグスらに楽曲を提供してきたベネズエラ出身の奇才、ARCA(アルカ)のクリエイティブ・ディレクターに就任したという報せと共に、以下のテキストが彼から届けられたーー。

◇ ◇ ◇

 2020年、音楽史において革命的なことが起きた。300年前に“音楽の父”バッハが作った“音楽”をベネズエラ出身のアーティスト、ARCAが完全に破壊してしまったのである。なぜなら、このたび発表した彼女のシングル『@@@@@』(https://arca.ffm.to/atatatatat)は、音楽の3大要素である“ハーモニー”“メロディ”“リズム”を特に使わずに構成されているからである。そして驚くことに、シングル(もはやシングルと呼んでいいのだろうか)は62分20秒で構成されている。今までにこの類の音楽は数々あったが、多くは前衛音楽と定義され、不協和音を用いている。しかし、『@@@@@』は著者の聴く限り、ほぼすべて協和音で成り立っている。これを革命と呼ばずに何と呼ぼう。筆者は今、“これ”が音楽以外の何であるかを説明するのに大変苦戦している。

 ARCAはカニエ・ウェストのアルバム『Yeezus』(13年)のプロデュースを3曲担当したことで広く世の中に知られているが、そのほかにもFKAツイッグス『EP2』(13年)、『LP1』(14年)は全曲彼女のプロデュースである。フランク・オーシャン『Endless』(16年)にプロデューサーとして参加していることも、ここでお伝えしておこう。つまり、以前より彼女は世界のトップ・アーティストから絶大な支持を受けているのだ。

 また、19年9月にニューヨークの新カルチャー・スペース〈ザ・シェッドThe Shed)〉にて3日間にわたり行われた彼女のパフォーマンスには、サプライズ・ゲストとしてビョークが出演している。現存するアーティストで1曲のためにニューヨークまでBjörkを呼べるのは、おそらく世界中を探してもARCAだけではないだろうか。

12

KOHHの元プロデューサーがディレクターに! 60分超の驚愕シングルでバッハの音楽を破壊するARCAの革命のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

『表現の不自由展』の裏側

 今年開催された国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』に出店された『表現の不自由...
写真