日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > グッとラック!のサイトが放置

TBSもやる気ゼロ!? 志らくの『グッとラック!』、公式サイトが“1カ月以上放置”の末期症状

文=日刊サイゾー

TBS公式サイトより

 昨年9月にスタートした立川志らくMCのTBS系情報番組『グッとラック!』。番組開始当初は視聴率の低さが話題になることも多かったが、そこから3カ月以上たった現在は、視聴率すら話題にならなくなっている。

「視聴率は完全に“低空で安定”という状態。良くも悪くも、世間から注目を浴びる要素もなくなっていて、相手にもされなくなっています。出演者やスタッフのモチベーションにも関わってくるし、なかなか厳しい状況でしょう」(スポーツ紙記者)

 そんな状況を象徴するかのように、『グッとラック!』の公式サイトの更新も完全に止まってしまった。トップページの「放送内容」という項目は、2019年12月10日を最後に新たな投稿がない。

「普通のテレビ番組であれば、公式サイトで毎回放送内容を告知するもの。スタッフの中にサイト更新の担当者もいるはずでが、『グッとラック!』は更新されていない。テレビ界の常識からすると、結構、末期的な気がしますね。スタッフのやる気が消え失せているんじゃないでしょうか」(制作会社関係者)

 そもそも『グっとラック!』の公式サイトは、毎回放送内容を告知していたわけではない。放送開始は2019年9月30日だが、放送内容のバックナンバーは11月12日から。その後も、毎回更新されていたわけではない。


12

TBSもやる気ゼロ!? 志らくの『グッとラック!』、公式サイトが“1カ月以上放置”の末期症状のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

日本人の歪んだ愛国心に未来は?

 昨年刊行された『日本国民のための愛国の教科書』(百万年書房)という本がある。タイト...
写真