日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > グッとラック!のサイトが放置

TBSもやる気ゼロ!? 志らくの『グッとラック!』、公式サイトが“1カ月以上放置”の末期症状

文=日刊サイゾー

TBS公式サイトより

 昨年9月にスタートした立川志らくMCのTBS系情報番組『グッとラック!』。番組開始当初は視聴率の低さが話題になることも多かったが、そこから3カ月以上たった現在は、視聴率すら話題にならなくなっている。

「視聴率は完全に“低空で安定”という状態。良くも悪くも、世間から注目を浴びる要素もなくなっていて、相手にもされなくなっています。出演者やスタッフのモチベーションにも関わってくるし、なかなか厳しい状況でしょう」(スポーツ紙記者)

 そんな状況を象徴するかのように、『グッとラック!』の公式サイトの更新も完全に止まってしまった。トップページの「放送内容」という項目は、2019年12月10日を最後に新たな投稿がない。

「普通のテレビ番組であれば、公式サイトで毎回放送内容を告知するもの。スタッフの中にサイト更新の担当者もいるはずでが、『グッとラック!』は更新されていない。テレビ界の常識からすると、結構、末期的な気がしますね。スタッフのやる気が消え失せているんじゃないでしょうか」(制作会社関係者)

 そもそも『グっとラック!』の公式サイトは、毎回放送内容を告知していたわけではない。放送開始は2019年9月30日だが、放送内容のバックナンバーは11月12日から。その後も、毎回更新されていたわけではない。


12

TBSもやる気ゼロ!? 志らくの『グッとラック!』、公式サイトが“1カ月以上放置”の末期症状のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【サイゾー筋トレ部】始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

のん『星屑の町』で見せた実力

 地に足を着けて生きていくことができない人々...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

「日経エンタテインメント!」(日経BP社) の<好きな芸人ランキング>では17位に急...
写真