日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > グッとラック!のサイトが放置

TBSもやる気ゼロ!? 志らくの『グッとラック!』、公式サイトが“1カ月以上放置”の末期症状

文=日刊サイゾー

TBS公式サイトより

 昨年9月にスタートした立川志らくMCのTBS系情報番組『グッとラック!』。番組開始当初は視聴率の低さが話題になることも多かったが、そこから3カ月以上たった現在は、視聴率すら話題にならなくなっている。

「視聴率は完全に“低空で安定”という状態。良くも悪くも、世間から注目を浴びる要素もなくなっていて、相手にもされなくなっています。出演者やスタッフのモチベーションにも関わってくるし、なかなか厳しい状況でしょう」(スポーツ紙記者)

 そんな状況を象徴するかのように、『グッとラック!』の公式サイトの更新も完全に止まってしまった。トップページの「放送内容」という項目は、2019年12月10日を最後に新たな投稿がない。

「普通のテレビ番組であれば、公式サイトで毎回放送内容を告知するもの。スタッフの中にサイト更新の担当者もいるはずでが、『グッとラック!』は更新されていない。テレビ界の常識からすると、結構、末期的な気がしますね。スタッフのやる気が消え失せているんじゃないでしょうか」(制作会社関係者)

 そもそも『グっとラック!』の公式サイトは、毎回放送内容を告知していたわけではない。放送開始は2019年9月30日だが、放送内容のバックナンバーは11月12日から。その後も、毎回更新されていたわけではない。


12

TBSもやる気ゼロ!? 志らくの『グッとラック!』、公式サイトが“1カ月以上放置”の末期症状のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

「部落問題」を明るく語り合う実録映画

 マスコミタブーのひとつ、よく分からないから...…
写真
インタビュー

小野健斗、ホラー映画で怪役を務める!

あまりにリアルなゴア描写で各所から問題視された新感覚ホラー映画『真・事故物件 本当に怖い...
写真