日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > 新天地がみせた“土下座”の裏側

未曾有の混乱で大躍進!? 韓国の新興宗教 ・新天地が批判殺到でみせた“土下座”の裏側

文=河 鐘基(は・じょんぎ)

新天地が築いた資産は500億円以上、韓国政界への工作も?

 新天地は1984年に創立された新興宗教だ。信徒数は約24万人(教団側の発表)で12の宗派を持つ。

 そのトップがイ・マニ氏だ。イ氏は戦前の1931年生まれ。1957年にハンセン病の治療のために天父教伝道館に入信。その後、さまざまな新興宗教を渡り歩き独立し新天地を創立した。いわば、新興宗教の中で育ったエリートである。補足までに、最近ではイ氏が朝鮮戦争に参加した有功績者であるという事実も明らかになっている。

 新天地では宗派毎に違いはあるが、基本的に1日2時間、週4日の教理教育を6ヵ月間にわたり受けた“教育生”のみが信徒として登録される。鍛え上げられた熱心な信徒が多いだけに勧誘活動も非常に攻撃的で、業界内では既存のキリスト教系団体を乗っ取りながら外形を拡大しているとの噂もある。なお教団が信徒から上納された資金で築いた資産は現在500億円以上と試算されている。

 韓国社会では2000年頃まで統一教会が最も警戒すべき新興宗教とされてきたが、昨今では新天地がその座を奪いつつある。というのも、その勢力拡大に併せるように、政界への工作や信徒への暴力などさまざまな疑惑が浮上しており、また信徒に対して休学や休職を強要するなど社会問題のひとつとして認識され始めているからだ。韓国は戦前・戦後を通じて新興宗教がひしめき合う“レッドオーシャン”として世界的に有名となったが、現代においてその界隈の筆頭が新天地なのである。

 社会不安が増すと、さまざまなものが湧いて出てくる。変な法律、独裁を称賛する世論、転売ヤー、そして新興宗教である。

 今回、世間に向けて謝罪した新天地だが、内々では新型コロナウィルスという“機会”を逃さず信徒拡大に乗り出すはずである。過去に、韓国で肥大化した新興宗教は必ずといっていいほど日本にも上陸し勢力を拡大してきた。対岸の火事で済めばよいが……新型コロナウィルス収束までは警戒が必要かもしれない。

河 鐘基(は・じょんぎ)

河 鐘基(は・じょんぎ)

テック系ウェブメディア「ロボティア」を運営。著書に『AI・ロボット開発、これが日本の勝利の法則』『ドローンの衝撃』『ヤバいLINE』など。

Twitter:@Roboteer_Tokyo

最終更新:2020/03/08 22:00
12

未曾有の混乱で大躍進!? 韓国の新興宗教 ・新天地が批判殺到でみせた“土下座”の裏側のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

トウガラシ名産地の珍なる町おこし

 韓国の町おこしが熱い。以前この連載でも、特...…
写真
インタビュー

ラッパーPablo Blastaインタビュー

 Pablo Blastaというラッパーの名前は、DJ CHARI & DJ...
写真