日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 東出昌大 キーマンはあの芸人

再起の鍵はあの人気芸人!? 東出昌大、「Wでっくん」結成の”みそぎ”で俳優続行か

文=日刊サイゾー

東出昌大

 案外、復活のカギを握っているのはアノ人?

 3月17日、俳優の東出昌大が都内で行われた映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』(20日公開)のPRイベントに登場。女優の唐田えりかとの不倫騒動後、初めて公の場に現れたことで、報道陣が殺到した。

「東出は『仕事においても、私生活においても、おごりや慢心がありました』と反省。『(妻の)杏さんが好きなのか、唐田が好きなのか、どちらですか』とのド直球な質問にも、『申し訳ございませんが、お相手のこともあるので。私の心の内をしゃべることは妻を傷つけることになりますので、お答えはできません』と言葉を選びつつ真摯に応じていました」(芸能記者)

 今後の仕事のことを聞かれた東出は、「あるのであれば、一つ一つを最後だと思って」と神妙に語っていたが、イメージは地の底まで落ちただけに、明確な「みそぎ」がなければこれまで通りの芸能活動は難しそうだ。

「とはいえ、東出のみそぎの場を用意した番組は注目を浴びることが確実なだけに、テレビ局員もあれこれ企画を練っているようです」

 こう語る民放関係者がこんな笑い話を披露する。

「ある局内で、東出の出演を画策していたバラエティー番組スタッフが、彼の愛称である『でっくん』を連呼していたそうです。すると、たまたまそばにいた出川哲朗が自分の話だと勘違い、『俺、不倫してないよ~、風俗は浮気になるの~?』と大声で乱入してきたそうで。しかも、出川は『でっくん』が、東出の“出”から来ていることにまったく気づいてなく、イチモツがデカイから『でっくん』だと思い込んでいたんだとか(笑)」

東出同様に、不倫スキャンダルで叩かれた原田龍二や袴田吉彦はバラエティーでイジられたことで“みそぎ”とし、復活している。イケメン俳優と元祖抱かれたくない男が「Wでっくん」を結成すれば、面白い構図になるのは間違いない。今の出川の好感度は芸能界随一だけに、東出にとってもメリット大だろう。バラエティー関係者は一考してみてはどうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/03/19 06:00

再起の鍵はあの人気芸人!? 東出昌大、「Wでっくん」結成の”みそぎ”で俳優続行かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

現職・小池百合子の圧勝に終わった都知事選。実は、この裏で今後の国政を占う重要な選挙が行わ...
写真