日刊サイゾー トップ > 社会  > 新型コロナ「生物兵器説」

新型コロナ生物兵器説に踊らされないために…陸自特殊武器専門家が解説する「生物兵器の常識」

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:dronepc55

 世界各地で感染が拡大する新型コロナウイルスについて、WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は3月11日、ジュネーブのWHO本部で記者会見を開き、「新型コロナウイルスはパンデミックといえる」と述べて、世界的な大流行になったとの認識を示した。

 そんな中、この新型コロナウイルスについて、今インターネット上で流布している情報がある。「新型コロナウイルス生物兵器説」だ。

 多くの人は新型コロナウイルス生物兵器説を“トンデモニュース”の類いと認識しているが、その一方で生物兵器説を否定するほどの専門知識は持ち合わせてないというのが実際のところだろう。そこで本稿では、日本で唯一の生物兵器専門家集団である陸上自衛隊特殊武器防護隊関係者に話を聞いてみた。

「新型コロナウイルスを含む感染症を“生物兵器ではない”と断言することはできませんが、“生物兵器の可能性は限りなく小さい”と言うことはできます。生物兵器と断言できるのは、兵器を使用した当事者だけです」(陸自特殊武器防護隊関係者)

 陸上自衛隊特殊武器防護隊とは、核(Nuclear)兵器・生物(Biological)兵器・化学(Chemical)兵器の総称である「特殊武器」(NBC兵器)に対応する部隊で、NBC兵器により汚染された地域での偵察や除染を主な任務とする。地下鉄サリン事件(1995年)や東海村JCO臨界事故(99年)などに出動した世界的にも数少ない“実戦経験”を有する専門部隊だ。

「まず、あらゆる兵器体系の目的は、敵の無力化です。つまり、敵を殺すか戦えなくするために兵器は存在します。敵味方が入り乱れている戦場に向けて銃やミサイルを無造作に撃ち込むと、当然、味方にも損害が出ます。だから、小銃手やミサイル管制士は索敵して敵を発見し、その敵に照準を定めてトリガーを引くのです。

 あらゆる兵器について共通するこの特性から考えたとき、新型コロナウイルスは生物兵器として不適格です。もし、中国が生物兵器として開発していたのであれば、自ら制御することができない“欠陥”兵器を作り出したことになります」(同)

12

新型コロナ生物兵器説に踊らされないために…陸自特殊武器専門家が解説する「生物兵器の常識」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

小澤雄太が三谷幸喜からもらった金言

 昨年7月、コロナ禍のPARCO劇場再開第1弾作品として上映されたのが三谷幸喜作・演...
写真