本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

チュート徳井の早すぎる復帰に視聴者が猛反発? スポンサーにまでクレーム殺到か

文=本多圭(ほんだ・けい)

徳井への視聴者の“拒否反応”は想像以上だった?

 徳井がレギュラーを持っていた他のテレビ局も「出演見合わせの方針に変わりない」とコメントしているが、徳井への視聴者の“拒否反応”は想像以上だったようだ。

 実際、徳井の約1億2,000万円の申告漏れは、脱税が疑われる悪質なもので摘発されてもおかしくない案件だった。しかも、その金で、趣味の高級バイクや高価な腕時計を収集していたほか、海外旅行、果ては東京都内に超豪華マンションを一括購入するなど贅沢三昧で、「想像を絶するルーズさ」という釈明に、同情の余地はなかった。

 にもかかわらず、半年もせずに復帰というのは、やはり早すぎるだろう。

「徳井が復帰を急いだのは、昨年度の税金を払わなければいけない事情があるからだと言われています。ただ、ご存知の通り、昨年10月からは仕事がないため、無収入ですからね。もっとも、“それなら、2億円ともいわれるマンションを売却すれば済むだろう”という厳しい声もあります」(事情に詳しいメディア関係者)

 公金絡みの不祥事といえば、2012年、同じく吉本に所属する「次長課長」の河本準一が、母親の生活保護費をめぐる不正受給に加担していた疑惑を「女性セブン」(小学館)がイニシャルで報道。しかし、河本本人に反省の色がなかったため、筆者は本サイトで実名で報じた。河本は弁護士を同席させて「不正ではない」と否定したが、世論に抗しきれず、費用を返還したうえでレギュラー番組を降板させられた。

 以降、視聴者からの反感は根強く、以前のように浮かび上がることができないまま現在に至っている。

 徳井にしても、庶民離れした申告漏れによる不信は、そう簡単に払拭できるものではないだろう。早期の復帰は、「申告漏れ分の税金は払ったんだから、問題はない」という傲慢不遜さが透けて見えるようでもある。筆者としては、改めて復帰の時期を再考して出直したほうが良さそうだと思うのだが。

本多圭(ほんだ・けい)

本多圭(ほんだ・けい)

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。

サイト:記事一覧

最終更新:2020/03/19 22:00
12

チュート徳井の早すぎる復帰に視聴者が猛反発? スポンサーにまでクレーム殺到かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

トウガラシ名産地の珍なる町おこし

 韓国の町おこしが熱い。以前この連載でも、特...…
写真
インタビュー

なかやまきんに君インタビュー

 昨年から引き続き日本を席巻している筋トレブーム。パーソナルトレーナーは一般化し、N...
写真