日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 竹内涼真、あのジャニと逆転

竹内涼真、『テセウスの船』高視聴率で、“あのジャニーズ”と商品価値が完全逆転へ

文=日刊サイゾー

竹内とジャニーズが共演したあのドラマで配役変更も?

「1月23日発売の『女性セブン』(小学館)が、二宮和也の嵐活動休止後の第1弾が『ブラックペアン』(TBS系)の続編になると報じています。同ドラマは18年に放送され、全話平均視聴率14.3%をマークした二宮主演の人気医療ドラマ。TBSのドラマ関係者によると、2021年7月クールの放送を目指しているようです。

 原作では、主人公が竹内演じる研修医・世良雅志だったのですが、ドラマでは二宮演じる渡海に変更されたことで当時は賛否の意見が飛び交いました。しかし、『テセウスの船』を大ヒットさせたことにより、竹内も主演俳優の仲間入りを果たしただけでなく、ある意味、結婚で人気急落の二宮を商品価値では上回ったとも言えます。そのため、もし続編となれば最低でも『W主演』としなければ、事務所サイドは納得しないでしょうね」(同)

 いっそのこと、当初の原作に戻って「竹内主演」にしたほうが数字は取れそう?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/03/23 21:00
12

竹内涼真、『テセウスの船』高視聴率で、“あのジャニーズ”と商品価値が完全逆転へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真