日刊サイゾー トップ > カルチャー > マンガ  > 『ナルト』作者の新作打ちきり

『NARUTO』作者の新作打ちきりで、またもや証明されたマンガ界の“アノ法則”

文=日刊サイゾー

ジャンプ作家は、ほとんどが大ヒット後の作品で大爆死?

 過去の天国から地獄パターンを振り返ってみるとあるわ、あるわ……。

「次原隆二氏は『よろしくメカドック』以後、ジャンプ連載の作品はすべて早期に打ち切られ、“打ち切りの帝王”と呼ばれました。ゆでたまご氏が『キン肉マン』後に発表した『ゆうれい小僧がやってきた!』は超人を妖怪に置き換えただけ。同様に高橋陽一氏も『キャプテン翼』の後に描いたテニスマンガ『翔の伝説』は翼にラケットを持たせただけ。結局、両者とも今もヒット作の続編にぶら下がっています(ここまですべて集英社)。ほかにも、しげの秀一氏は『頭文字D』(講談社)後に『高嶺の花』(同)で作風チェンジを試みましたが大失敗。『北斗の拳』(集英社)で知られる原哲夫氏が次に作画を務めた『影武者・徳川家康』(同/原作・隆慶一郎)は、第一部完としたものの第二部はついぞ始まりませんでした」(同)

 岸本氏は『ナルト』の息子を主人公にした『BORUTO-ボルト- -NARUT NEXT GENERATIONS-』の原作・監修という形で連載中。ナルトファンは「こっちだけは完結してほしい」と願っているようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/03/25 10:11
12

『NARUTO』作者の新作打ちきりで、またもや証明されたマンガ界の“アノ法則”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

地域クリニックが医療崩壊の危機

 芸能だけではなく、医療分野でも長年取材を続...…
写真
インタビュー

ザ・マミィ第8世代コント

 注目芸人を集めた『ツギクル芸人グランプリ2019』(フジテレビ系)で優勝を果たし、...
写真