日刊サイゾー トップ > カルチャー > マンガ  > 『ナルト』作者の新作打ちきり

『NARUTO』作者の新作打ちきりで、またもや証明されたマンガ界の“アノ法則”

文=日刊サイゾー

集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトより

 漫画界で語り継がれてきた“アノ法則”は今も健在だった!?

 大ヒット漫画『NARUTO -ナルト-』(集英社)で知られる漫画家・岸本斉史が原作を手掛ける『サムライ8 八丸伝』(同)が打ち切りとなり、ネット上をざわつかせている。

「2019年5月に『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートした同作は、14年の『ナルト』終了後、岸本氏が手掛ける新作として話題を集めました。『ナルト』は全72巻、国内累計発行部数1億超えのメガヒット作でしたが、岸本氏は連載前のインタビューで『ナルトのノウハウを全部ブチ込んでいるので、順当にいけばそれを超える作品になる』と豪語。作画はアシスタントだった大久保彰氏が務めていたとはいえ、1年持たずの打ち切りはとんだ赤っ恥です」(サブカル誌ライター)

 ジャンプ読者からも「開始時からず~~っとつまらんかった」「仮に新人の作品だったら10話行かずに切られてるレベル」「4巻も出させてもらえたのか」と、散々な言われようだ。

 前出のサブカル誌ライターによると、漫画界には「大ヒット後の作品は大爆死する」との法則が存在するという。

「多くの出版社では、実績のない漫画家が連載をスタートさせる際に、経験豊富な編集部員や担当者がその作品の構成に介入する。その漫画家に実績がなければないほど、その介入の度合いは大きい。そうして作者と担当者が二人三脚で作品を作っていくことにより、時にヒット作が誕生します。すると、出版社に多大な利益を与えた漫画家の発言力は高まり、相対的に編集者の発言力は小さくなる。そのため、次作では担当者の意見を無視してひとりよがりな作品が出来上がり、大コケ一直線となるわけです」(同)

12

『NARUTO』作者の新作打ちきりで、またもや証明されたマンガ界の“アノ法則”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

末吉9太郎が語る自粛中のオタク

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真