日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 事務所からの独立が相次ぐ理由

米倉涼子まで…女優やタレントの独立はなぜ続く? のん&新しい地図の成功が後押しか

文=日刊サイゾー

のんや元SMAPの独立は結果的に大成功だった?

 仮に前所属事務所といざこざがあったとしても、タレントとして成功を収めるケースが増えている現状もある。

「たとえば、のん(能年玲奈)さんは、前所属事務所であるレプロエンタテインメントを最悪に近い形で独立しました。結果的に、本名でもある『能年玲奈』名義では活動できなくなり、さらに民放の仕事もなくなってしまった。完全に干された形で、ネットなどではレプロに対する批判の声も多い。

 しかし、実際のところは、のんさんは音楽活動もできているし、舞台での女優活動も継続、さらに多数のCMにも出演しています。テレビドラマの露出はなくなったものの、それ以外のメディアでは大活躍しており、売り上げもレプロ時代よりも増えていると言われています。つまり、まったくもって干されていないし、やりたい仕事をできているしで、むしろ大成功を収めている。こういった姿を見て、“自分も独立する”と決断するタレントも増えているのでしょう」(芸能事務所関係者)

 のんと同様に独立後に成功しているのが、新しい地図の3人だ。

「新しい地図の3人も、地上波番組から姿を消しましたが、多数のCMはじめ、ネット番組や舞台、個展、音楽活動などを中心に、自由で充実した芸能活動を繰り広げています。今の時代は、テレビだけが活躍の場ではなく、いろいろな選択肢があるので、旧態依然とした芸能界のルールは機能していないんですよね。

 さらに、のんさんも新しい地図も、“古い芸能界から干された”という意味で同情票が集まっているのもまたポジティブな状況をつくっています。意図せずとも、“弱い立場に追いやられたタレントが頑張っている”という図式になっているので、どんな活動でも応援してもらいやすいという事実もあります」(同)

 もちろん独立の裏側にどんな事情があったのかということも重要だが、いずれにせよタレントが独立しやすい芸能界になったことは間違いないだろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/03/26 09:17
12

米倉涼子まで…女優やタレントの独立はなぜ続く? のん&新しい地図の成功が後押しかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

流通アナリスト解説マスク生産

 緊急事態宣言を5月中まで延長する方針が、安倍首相の会見で発表された。もう1カ月の外...
写真