日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > 韓国「n番部屋事件」に憤りの声

韓国で違法ポルノ閲覧者26万人!?「n番部屋事件」にK-POP歌手たちも憤りの声をあげる

文=日刊サイゾー

Getty Imagesより

 今韓国ではコロナウイルスに関するニュースもさることながら、「n番部屋事件」という事件が社会を震撼させており、テレビやウェブ上では連日報道が加熱している。さらに、この事件に関する、K-POP歌手や芸能人たちの行動にも注目が集まっているという。

 n番部屋事件とは、機密性の高いメッセンジャーアプリ「テレグラム」などの秘密チャットルームを通じ、女性を脅迫し撮影した性的動画を流布・販売したインターネット性犯罪事件の総称だ。韓国では2018年末から2019年にかけて、性的動画を流布・販売するテレグラムのアカウントが急激に増加していた。「女教師部屋」「女看護師部屋」「女子中学生部屋」「女幼女部屋」など、カテゴライズされた秘密チャットルームが乱立しては消失。その過程で、多くの性的動画が流布・販売された。

 20年3月には、n番部屋のひとつであり、主に児童ポルノを流布・販売していた「博士部屋」の運営者および関係者合計5名が拘束された。博士部屋は18年末から19年3月頃まで運営されていたアカウントだ。被害者となった女性の数は74名(公式に確認された人数)にのぼり、そのうち少なくとも16名が未成年者であったという事実も明らかになっている。

 博士部屋の運営者らは“利用者”に対し、日本円にして約2万円から15万円のチャットルーム入場料を要求。入場の対価をビットコインなど仮想通貨で得ていた。流布された動画はひどいもので、暴力や虐待などサディスティックな内容や、被害者の中には「奴隷」という文字を肌に刻まれた者もいるなど、およそまともとは思えない常軌を逸した内容まで存在していたという。

12

韓国で違法ポルノ閲覧者26万人!?「n番部屋事件」にK-POP歌手たちも憤りの声をあげるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

『つけびの村』著者インタビュー

 2013年7月21日、山口県周南市の限界集落で起きた連続殺人放火事件。集落の住人だ...
写真