日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 藤浪投手「コロナ陽性」の深刻度

球界内から「やっぱり」の声も!? 阪神タイガース「コロナ陽性」が続出する管理能力の低さ

文=日刊サイゾー

NPB公式サイトより

 プロ野球、阪神タイガースの藤浪晋太郎投手が新型コロナウイルスに感染していることが27日未明、判明した。球界から感染者が出たのは初めてで、チーム内の“集団感染”が懸念される。

 26日午後、球団は藤浪が嗅覚障害を訴え2度の診察を経てPCR検査を受けると発表。甲子園球場、鳴尾浜球場の球団施設は防護服を着た関係者が消毒する姿が見られた。その後、藤浪投手のほかに2名の感染も判明。球界関係者は「恐れていたことが現実となった」と震え上がっている。

「3月20日の開幕延期後も、練習試合を公式戦同様、ホームとビジターで行っていたが、現場からは『何故、移動でリスクがあるのにわざわざ日本国内を長距離移動しながら試合をやらないといけないのか』といった声が上がっていたが、結局取りやめたのは今週に入ってから。個人競技と違い、常に60人程度のスタッフが大挙して移動するプロ野球だけに、誰かが感染したらアウト。しかも、超有名選手が1人目となったのですから、世間への衝撃は凄まじい。間違いなく、収拾がつかない状況になる」(同)と話す。

 そこで気になるのが、球界内外から聞こえてくる阪神タイガースの危機管理能力の低さだ。1月には、妻への暴力行為で、守屋功輝投手が兵庫県警西宮署に書類送検されていたことが発覚したばかりで、昨年は途中加入した外国人選手のソラーテが現場放棄して帰国。一昨年は現在、BCリーグ栃木でプレーする西岡剛が自身のSNSで突然、進退について発表。その度に球団関係者が火消しに走り回ったが、結局のところ、選手の素行を把握、適切に指導できていないことが次々と露呈している。

「球界関係者は、阪神から新型コロナ陽性者が出たことに『やっぱり!』と誰もが納得していますね。球団が選手を管理できないうえ、選手にはOBやタニマチからの夜の誘いもひっきりなし。それでいて毎年、環境の改善がまったく見られないんですから。ましてやこの時期、巨人などの他球団は選手を外出禁止にするなど万全を喫していたが、阪神ではそれもなかった。阪神という球団で、起こるべくして起こった感染事例でしょう」(スポーツ紙記者)

 揚塩球団社長は27日に甲子園の室内練習場で会見し、「今から思えば、もう少し厳しく、外出禁止という形で臨んでいた方が良かったという反省もございます」と頭を下げたが、すでに後の祭り。プロ野球界を揺るがす事態を招いた責任は重い。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/03/28 12:12

球界内から「やっぱり」の声も!? 阪神タイガース「コロナ陽性」が続出する管理能力の低さのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ランボーシリーズ最終作日本公開

 シルベスター・スタローンの出世作『ロッ...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真