日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テレビ番組テレワーク化の副産物

オリラジ藤森『王様のブランチ』で自宅から出演、テレビ番組“テレワーク化”の副産物

文=日刊サイゾー

オリエンタルラジオ・藤森慎吾

 昨今の社会情勢を反映して、テレビ局の“テレワーク番組化”が一気に進んでいる。4日に放送された『サタデープラス』『王様のブランチ』(TBS系)は出演者とスタジオを結んで中継の形で番組を進行した。

 系列局のMBSテレビが大阪のスタジオで制作している『サタデー~』は関ジャニ∞の丸山隆平、小島瑠璃子らが現地に入らず、都内のスタジオから出演。『王様の~』はメインMCを務めるアンジャッシュ・渡部建、タレント・佐藤栞里のみスタジオから出演したが、渡部の相方の小島一哉、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾らは自宅から出演した。

 在京テレビ局関係者は「まず新作ドラマやバラエティー番組の収録からストップしたが、今週後半になって生放送の情報番組もそれに準じた形になってきた。番組によっては事前予告なしに『お宝映像SP』などと題し、過去素材のいい部分だけを放送するなど、急場をしのぐ内容が目立ってきている」という。

 ただ、これも何週も続けられるかといえば「やがてネタは尽きますから。そうなると、最悪の場合、レギュラー枠返上なんて話も出てきかねない」(同)と危惧する。

 一方で、先述した2番組のような“テレワーク対応”は思わぬ副産物を産んでいるようだ。

「年々、制作費が削られるなかで実は大阪までの交通費、宿泊費もバカにならないわけです。東京で制作している番組も、楽屋はそれなりにケータリングなどをそろえる必要があり、さらに自宅から出演ならヘアメイクなどの経費も抑えられる。今までは予算を浮かすならオールロケ番組、ひな壇形式のトークバラエティーが多かったですが、これらに次ぐ新たな“新スタイル番組”を構築できるチャンスもある」(同)

 テレビ局にも波及している大ピンチをどうチャンスに変えるか。その手腕が試されるときだろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/06 00:00

オリラジ藤森『王様のブランチ』で自宅から出演、テレビ番組“テレワーク化”の副産物のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

コロナ以後の里山資本主義

『デフレの正体』(角川oneテーマ21/2010年)、『里山資本主義』(NHK広島取...
写真