日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > ロンブー亮、テレビ復帰で宮迫と明暗
放送作家らが語る、宮迫復帰への展望

ロンブー淳の手腕光る亮の復帰劇! いまだテレビに戻れない宮迫博之との明暗

ロンブー亮の復帰で淳の手腕が光る! テレビに戻れない宮迫博之と明暗分けた理由とは?の画像1
雨上がり決死隊(Getty Imagesより)

 4月7日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が約9カ月ぶりに地上波復帰を果たした。

 オープニングトークの最中、有吉弘行がスタジオセットの外に立つ亮の姿を発見し、出演者たちは騒然。田村淳が「今週から弊社の所属タレントが地上波復帰することになりまして……」と説明すると、後輩芸人たちからは「おかえりなさい」の声が飛ぶ。その後も、スタジオセット外で“感想ノート”を書きながら見学する姿をたびたびいじられ、笑いが起きていた。

 一方、2019年6月の「闇営業」騒動で亮と共に記者会見を行った雨上がり決死隊・宮迫博之は、地上波復帰の気配がない。1月にYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!【宮迫博之】」を立ち上げ、現在は動画投稿が活動のメインになっている。亮と宮迫、2人の明暗を分けたものはなんだったのか。

「一言でいうと、『待てたかどうか』じゃないでしょうか」と語るのは、ある放送作家だ。

「亮さんも宮迫さんも、“地ならし”は同じくらいしてもらっていたと思います。淳さんは『ロンハー』で不在の亮さんをさんざんイジってきたし、蛍原(徹)さんも『アメトーーク!』(テレ朝系)で不在の宮迫さんをイジっている。宮迫さんに関しては、明石家さんまさんもしょっちゅうイジってくれてます。不在の間にそうやって刷り込まれることで、視聴者も『帰ってくるのを待とう』という気持ちになってくる。亮さんは淳さんが地ならしする間、じっと耐えて待ちました。だから今回の『ロンハー』復帰も、スタジオの外にぽつんと立っているだけであんなに面白かったんだと思います。すでに場があったまっていたわけです。でも宮迫さんは待てずにYouTubeを始めた。『自分ならやれる』という自我の強さが、裏目に出てしまっているような……」(放送作家)

 亮はもともと、淳に“おんぶにだっこ”のポンコツキャラで愛されてきた。一方、宮迫はコンビのメインとして番組を仕切り、俳優や歌手もこなす“実力者”として扱われてきた。そのプライドが、相方や周囲の関係者を信じて頼ることを良しとしなかったのだろうか。騒動当初から最大の後ろ盾になっていたさんまも、『痛快! 明石家電視台』(毎日放送/3月9日放送)で「(宮迫は)もう俺の言うことも聞かんようになってもうた」とぼやいていた。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

山崎製パンで特大スキャンダル

今週の注目記事・1「『売上1兆円超』『山崎製パ...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真