日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > 封鎖解除後、中国・武漢市から逃げ出す人々

中国・武漢市から逃げ出す人が続出!「新型コロナ新規患者ゼロ」を謳う政府に不信感を抱く理由

文=AKO

中国・武漢市から逃げ出す人が続出!「新型コロナ新規患者ゼロ」を謳う政府に不信感を抱く理由の画像1
4月9日の武漢(Getty Imagesより)

 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、長らく封鎖管理が行われていた中国・武漢。現地時間4月8日正式に「封鎖解除」となったが、どうやらポジティブなニュースばかりではないようだ。

 約2カ月間の封鎖から住民が解放された当日、武漢市ではカウントダウンが行われ、0時ジャストに鐘が鳴らされるなど大きな盛り上がりを見せていた。中国メディアは「新たな歴史の1ページ」と報道し、まるで新型コロナウイルスに打ち勝ったかのようなお祭り騒ぎだ。

 しかし、その裏では武漢市民が大移動を始めている。中国当局は10日までに約10万人が武漢を離れるだろうと発表。運転が再開した電車の指定席は数日前からすでに完売状態だ。また、75カ所の高速道路料金所が解放されたのだが、8日0時ピッタリに移動ができるよう、7日夜から料金所に並ぶ車がズラリと並んでいた。これほどまでに人々が武漢の外に出ることを切望するのはなぜなのか。それはひとえに政府への不信感が拭えないからだ。

 遡ること2月24日、「戸籍が湖北省以外の国民は離脱が可能」という発表が出された。しかし、これはわずか3時間で取り消されることになる。この謎の発表は「武漢副市長の独断だった」として、政府に拒まれたという体裁をとっているが、政府内部でどういった綱引きがあったのか定かではない。こうした経緯もあり、「またすぐ封鎖を取り消されるかもしれない」と思った人々が慌てて武漢を飛び出したのだろう。

 ほかにも「新規患者0」と謳ったと思えば、「無症状患者は数に入れていなかった」と二転三転する政府の発表に人々の不信感は募る一方だ。この2カ月間、あれだけ周りで人が死に、医療崩壊を起こした現実を目にしてきた武漢の人々が、今住む場所から一刻も早く逃げたくなるのも無理はないだろう。

12

中国・武漢市から逃げ出す人が続出!「新型コロナ新規患者ゼロ」を謳う政府に不信感を抱く理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

「日経エンタテインメント!」(日経BP社) の<好きな芸人ランキング>では17位に急...
写真