日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 市川海老蔵、関係者が生配信期待

市川海老蔵「30億円興行」延期でネット関係者が期待する「團十郎襲名」生配信

文=日刊サイゾー

市川海老蔵

 新型コロナの影響で各種イベントが軒並み中止に追い込まれているが、歌舞伎界もその例外ではない。5月に市川海老蔵が「市川團十郎」を襲名する予定だったが、緊急事態宣言を受けて、延期が発表された。

「市川團十郎は江戸時代から続く歌舞伎界の大名跡。海老蔵は7年前に亡くなった父親の十二代目に続く十三代目を5月に襲名し、7月までの3カ月にわたり東京・歌舞伎座で襲名披露の公演を予定していました。延期に伴い、11月の福岡・博多座から1年かけて行われる予定だった地方公演の日程も練り直しとなります。襲名式は4年越しで準備が進められ、公演初日には安倍首相や天皇陛下のご臨席もお願いしていた。東京五輪や長男・勸玄くんによる八代目市川新之助のお披露目も合わさって、30億円以上の興行収入が見込まれていただけに関係者の落胆は、大きい」(女性誌記者)

 延期時期については来年5月が有力視されているというが、テレビ関係者の間ではあるプランが持ち上がっているという。

「1年たっても思うような興行ができるかはわからない。最悪の場合、さらなる延期を余儀なくされる可能性もある。そんななか、テレビやネット関係者が期待を寄せているのが、歌舞伎界初の『襲名』配信生中継です。音楽界ではコンサートができなくなったアーティストたちの多くが配信に力を入れていますが、『襲名興行』を生配信すれば莫大な配信収入が見込めますし、新しいこと好きの海老蔵らしさも見せられて、歴史にも残る。とりわけ日本テレビ関係者は『市川海老蔵でござりまする』を放送してきたパイプもあり、(関連企業の)Huluでやらせてもらえないかと期待を寄せているようです」(テレビ関係者)

 新型コロナに終息の気配が見られない中、30億円の穴埋めを、海老蔵はどうしていくつもりなのだろうか?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/15 21:21

市川海老蔵「30億円興行」延期でネット関係者が期待する「團十郎襲名」生配信のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

頼朝の死をめぐる謎

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

“休業”を経験する芸人2人の語り

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っ...…
写真