日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > Mステが生放送強行したワケ

『Mステ』が生放送を強行! テレビ局がどうしても“生”にこだわる切実な裏事情

文=日刊サイゾー

テレビ朝日公式サイトより

 音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)が8日放送分から通常の生放送に戻った。また、7日には『5時に夢中!』(TOKYO MX)が約1か月ぶりに放送を再開。こちらも通常放送を軸にしているが、いずれも「生放送」にこだわった形だ。

『Mステ』はMCを務めるタレントのタモリ、並木万里菜アナウンサーが生出演、歌手はリモート出演の形で登場した。

「緊急事態宣言発出後、4月17日から特別編で放送。過去素材はふんだんにあるので、それらを駆使して何とか体を保っていました。会議も基本的には会議アプリなどで行っており、放送当日までに何度か行われるさまざまなリハーサルがまともにできないのが大きかったようです」(テレビ朝日関係者)

 夕方帯の生放送番組『5時に夢中!』も宣言発出直後の4月8日から休止した。

「報道番組を除く生番組が全てストップ。元々、制作スタッフも少ない中で放送しており万が一、罹患者が出た場合は甚大な影響が出るため緊急回避したようだ」(在京テレビ局制作スタッフ)

 当初、緊急事態宣言は5月6日限りで終わる予定だったが、全国で5月末日まで延長されている。それでも「生放送」にこだわるのはなぜなのか。

「『Mステ』の場合は、企画ものやVTR制作でやるといっても、ネタが枯渇するのは容易に想像できる。さらに、実はあまり知られていないが、アーティストの二次使用には事務所によってはかなりの使用料が請求される。それに加え、VTRを作るということはそれだけ編集作業も発生しますから、スタッフは仕事をしないといけない。リモート出演での了承が取れれば、そちらの方がスタッフの負担は少なくなるし、本来の放送にも近づくので決断したようだ。『5時に夢中』の場合は局の看板番組ということもあり、一刻も早く通常モードで放送を行い、発信したかったようだ」(同)

 局には局側の切実な事情が見え隠れしているのだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/10 00:00

『Mステ』が生放送を強行! テレビ局がどうしても“生”にこだわる切実な裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

リアル記憶喪失体験マンガ

 マンガではよく「記憶喪失」、つまり主人公や...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真