日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > なすびに再ブレイクチャンス!?

ステイホームのプロ、なすびに再ブレイクチャンス!? 懸賞生活後は何していた?

文=日刊サイゾー

オフィスケイ公式サイトより

 5月6日のニッポン放送『DAYS』にタレントのなすびがゲスト出演し、新型コロナウイルス感染拡大の中で巣ごもり生活を続ける人たちにエールを送った。

「なすびと聞くと、今の若い世代はピンとこない人も多いかもしれませんが、かつて人気バラエティー番組『進ぬ!電波少年』(日本テレビ系)で行われた『人は懸賞だけで生きていけるか?』という企画に登場。と1年3カ月もの間、番組が用意した家の中に全裸で閉じこもり、ひたすらハガキを書いて懸賞に応募しまくり、その当選品で生き抜くという過酷な生活に挑戦した過去を持つ。いわばステイ・ホームのプロとあって、1カ月程度の外出制限は苦でもない様子で、『正直言うと、何のストレスもなく、心身ともにすこぶる健康でございます』と報告しています」

 4月16日のSNSでも、なすびは「一週間や十日位、試しに家に閉じ籠ってみませんか?私が出来たんだから、貴方にだって出来ます‼」と呼びかけ、フォロワーから「さすがになすびさんが言うと重みが違う」「説得力ハンパない」との声が飛び交っていた。

「懸賞生活後のなすびは、俳優業にシフトチェンジ。現在は地元福島のラジオ番組でレギュラーを持っているようです。また、東日本大震災で被災した福島の復活と再生を祈願しエベレスト登山を敢行。2016年に4度の挑戦で登頂を果たしています。緊急事態宣言でにわかに脚光を浴びたことで、巣ごもりのコツについてのアドバイスを求められるなど、メディア露出が増えつつある。エベレスト登山の経験があることが広まれば、人気番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のイモトアヤコのような登山芸人としての需要が出てくるかもしれません」(テレビ関係者)

 ネット上の「また懸賞生活をしてほしい」の声には、「ま、残念ながら私がもう一度懸賞生活をする事だけは有り得ませんがねっ!フリじゃねーよっ‼」と語っているなすび。おもわぬ追い風を再ブレイクに繋げることができるだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/11 09:24

ステイホームのプロ、なすびに再ブレイクチャンス!? 懸賞生活後は何していた?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

令和喜多みな実・河野、関西若手漫才師の至宝

 全国で人気のタレントを多数輩出し、またロー...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真