日刊サイゾー トップ > 社会  > 壮絶DVからの回復、カギは?
「モラハラのトリセツ」第10回

夫は逮捕され、妻はシェルターに避難……同級生夫婦が壮絶DVから回復するまで(後編)

文=中村カズノリ(なかむら・かずのり)

イメージ画像

 

※前編はこちらから

 結婚後、本格的なDVが始まってしまったKさんとHさん夫妻。夫・Kさんの暴力で妻・Hさんは鼻を骨折。警察が介入し、Kさんは逮捕され、Hさんはシェルターに入ることとなりました。

 公的な支援やカウンセリングを受ける中で、「DVは絶対に治らないから、別れるしかない」という言葉にどうにも納得できなかったHさんは、加害者の話も丁寧に聞いてくれるという民間の脱暴力ワークに出会い、実際に参加してみることにしました。

 脱暴力ワークとは、DVやモラハラの加害者も被害者も、男女関係なく集まる当事者会で、それぞれが心に抱えた傷を癒やし、自分の価値観を語り、相手の価値観に耳を傾け、DVをしない、受けないためのコミュニケーションを身につけていく場所です。

 Hさんは脱暴力ワークに、当時まだ1歳だったお子さんを連れてやってきました。自己肯定感がゼロに近く、なかなか自分を語るということができなかったHさん。

「子連れだということも最初は後ろめたく、自分はこの場になんの貢献もしていないのに、なんでみんな話を聞いて、温かく受け入れてくれるのか、意味がわからなかった」

と振り返ります。

 そんな中でもHさんは居心地の良さを感じ、月1回のグループワークへの参加を継続していきます。

 Hさんは、ぽつりぽつりと自分のことを語り始めました。Hさんが生まれ育った家族でもDVがあり、酒を飲んで暴れる父親から殴られ、母親からも蹴られ、両親から暴力を受けていたHさん。そんな親からは「結婚する時は婿養子を取れ」「家から出ることは許さない」などのパワーコントロールを受け続けていたそうです。

 暴力とは無縁の家庭で育った人にはなかなかイメージしづらいと思いますが、Hさんにとって、家庭内暴力は「普通のこと」でした。

 そんな親との関係の中で自己肯定感が育たなかったHさんは、「親よりも暴力の程度がマシ」という理由でKさんを選びました。また、とにかく子どもが欲しかったという理由もありました。

 グループワークの仲間たちは、それを否定することなく、ただ聞いてくれます。

 その後、Hさんは拘置所から出たKさんに、子どもへの面会と再同居の条件としてグループワークへの参加を促し、Kさんもそれを承諾しました。

 こうして何度かグループワークに参加するうちに、Kさんも自分のことを少しずつ語り始め、ほかの参加者の話にも耳を傾けるようになりました。そんな変化を間近で見ていたHさんは、再同居を決意します。僕の目にも、Kさんは順調に立ち直りつつあるように見えました。

 しかし再同居後、次第にグループワークからKさんの足は遠のき、Hさんとお子さんのみ参加するという状況が続きます。そしてまた、暴力が再発してしまいます。

123

夫は逮捕され、妻はシェルターに避難……同級生夫婦が壮絶DVから回復するまで(後編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

猪木さん「迷わず行けよ、行けばわかるさ」

 今週のホットなニュース・トピックをピックア...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真