日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 緊急事態宣言の解除間近、収録再開の1番手はあの番組

緊急事態宣言の解除間近、テレビ業界で収録再開に向け“あの手この手”の制作案が浮上

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 政府の緊急事態宣言が25日にも全面解除される。引き続き、感染防止に努めるよう各都道府県レベルでは厳しい段階を踏んで社会経済活動に結び付けるが、これに喜んでいるのはテレビ業界だ。

「ようやく先が見えてきた。本当に長かったですよ……」と話すのは某在京キー局の編成担当者。東京では3月に入ってから「ドラマ、バラエティー番組の収録が徐々に止まり始めて4月に入って政府の緊急事態宣言が発出されてからは完全にストップ。報道、情報番組は今でも可能な限り維持していますが、スタッフは最小限でリモート出演が多い。とても以前のような雰囲気、状況ではない」(同)と明かす。

 “不要不急”とされていたバラエティーについては「番組によっては3月下旬あたりから総集編、傑作集などでしのいでいます。もう、2カ月ほど再放送を続けているのと同じで、視聴者離れが心配されていた。もっとも、安全に配慮してリモート出演でのバラエティー番組制作も最近では徐々に増えてきていますが、やはり迫力はかけますから」(同)という。

 そのなかで、今後の収録方法も水面下では議論されている。

「スタジオでひな壇形式でやる場合は、人数を間引きして半分は別室モニター出演になるため、弁の立つタレントや話題の人が優先的にスタジオに呼ばれるでしょう。また、最小限の人数での収録という観点では、車でのロケトーク番組もハードルが低そうだと案が出ている。技術スタッフが操る大きなENGカメラではなく、無人の定点カメラを事前に仕込んでおけば、ある程度の収録はできますから。ただ、密にならないように社内をアクリル板などで仕切る必要はありそうですね」(バラエティー制作会社社員)

 同様に検討されそうなのが街中を歩くロケ番組で「人気のない田舎からスタートしようとか、街頭でのインタビューは当面、止めておこうとかという話が出ている」(同)という。

 いずれにせよ、何らかの形でテレビ業界も“再始動”に向けて動いていることは間違いないようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/25 00:00

緊急事態宣言の解除間近、テレビ業界で収録再開に向け“あの手この手”の制作案が浮上のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

北条家の残忍さが発揮される比企能員の乱

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真