日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 手越、報道で“開き直り”態度

タッキーを舐めてる!? NEWS手越祐也、飲み歩き報道での“開き直り”態度

文=日刊サイゾー

NEWS・手越祐也

 自分が置かれている状況を理解していないようだ。

 緊急事態宣言下の4月下旬に 女性たちとの“パーティー” を催していたことを「週刊文春」(文藝春秋)で報じられたNEWSの手越祐也。ジャニーズ事務所は手越の行動を軽率だったと認めて謝罪し、新型コロナウイルス感染拡大防止支援のためのチャリティーユニット『Twenty★Twenty』(通称・トニトニ)への不参加という処分を下した。

「ジャニーズ副社長の滝沢秀明氏からの呼び出しにも、手越は一切謝ろうとしなかったそうです。女性と飲んでいたことや、トニトニを外されたことについて、『何でダメなの?』『何で外されたの?』とまったく納得が行っていない様子だったとか。

 手越の言い分は、知り合いの店を助けるために行っただけで、女性たちも自分の意思で来たというもの。しかし、コトは人の命がかかっている。女性たちから感染が広がる可能性も否定できない。何よりも、所属タレント総出でステイホームを呼び掛け、チャリティ活動をしている最中。手越の行動は会社への裏切りですし、陣頭指揮を執っている滝沢氏の顔に泥を塗ったのも同じですからね。ちょっと開き直りすぎとの印象です」(芸能関係者)

 まったく意に介していない手越は、事実上の謹慎期間であるにもかかわらず、さらに5月23日未明にも六本木のラウンジやバーで、朝まで女性らと酒盛りをするなどしていたことを『文春オンライン』が報じている。

「記事によると、手越は前回報じられたことを自ら持ち出し、『文春はもっと詳しく書いてよ!』と笑い飛ばしていたといいます。手越やメリー会長、ジュリー社長のお気に入りであることを自認しており、自分は何をしても守られているとタカをくくっている。しかし、今ではタレントの扱いは滝沢氏に一任されており生殺与奪を握られていることがわかっていない。滝沢氏は、副社長に就任する際、『鬼になる』と誓ったそうですから、しばらくは表舞台には立てなくなるのではないでしょうか」(前出・芸能関係者)

 どうやら手越は滝沢氏を舐めすぎたようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/25 06:30

タッキーを舐めてる!? NEWS手越祐也、飲み歩き報道での“開き直り”態度のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

“鬼母”長澤まさみが恐怖

 人気コミックの実写化映画『キングダム』...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真