日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > メディアと取材者の危ない関係

黒川検事長の賭け麻雀だけじゃない!? メディアと取材対象者の「危ない」関係

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:tomohiro0326

 東京高検・黒川弘務検事長が元朝日新聞と産経新聞の現役記者らと賭け麻雀をしていたと「週刊文春」(文藝春秋)に報じられた一件は、黒川氏が辞任するなど大きな騒動に発展している。だが、マスコミ関係者からは「まだまだメディアと取材対象者の“危ない関係”は多く、冷や汗ものでしょう」という。

 まず、今回のような「賭け麻雀」については次のように証言する。

「政治関係者だけでなく、スポーツ、芸能関係者にも多い。頭が切れる人は、雀荘では絶対にやらない。自宅や、別宅を設けてそこに全自動雀卓を設置して高額レートで遊んでいる。私が知るある有名タレントは、15帖ほどの部屋に雀卓を設置。冷蔵庫にはビール、お茶など飲み物がぎっしり詰められており、カップ麺なども常備していた。ちょっとした雀荘よりも設備はよく、窓には外から見られないように遮光カーテンがつけられていた」(同)

「危ない関係」といえば、マスコミで働く男性スタッフが標的にされやすいのが「性接待」的なものだろう。

「あるアスリートマネージメント会社は、裏で性風俗業を営んでおり、年に数回は無料で招待しています。音楽系に強い大手芸能事務所は記者が地方に同行出張した際のお約束として、高級キャバクラだけでなく、宿泊先のホテルへのデリバリーヘルスの代金を肩代わりしている。しかも、事務所側の手回しで“本番OK”な子も混ざっているという話もありました」(スポーツ紙デスク)

 あるプロスポーツチームの接待忘年会では、現金10万円争奪のじゃんけん大会が行われていた。

「こちらは最近になって『違法賭博と間違えられたら困る!』ということで、クオカードに変更されましたが、やっていることは大差ない(苦笑)。主催者側の狙いは参加させる、接待を受けさせることでメディアの口封じができるし、参加しているメディアからすれば、美味しい目をしながらネタを取れるチャンスもある。どっちにもメリットがあるから続いているわけで、当事者は危ない橋を渡っている自覚は全くないから今回のような時代錯誤なことが起こっている」(同)

 昭和から時が止まっているようなことが令和の時代になっても続いているには、それなりの理由があるワケだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/25 12:12

黒川検事長の賭け麻雀だけじゃない!? メディアと取材対象者の「危ない」関係のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

“事務化したテロ”の時代

今週の注目記事・第1位「『統一教会』と『政治...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真