日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > リアルとリアリティー番組の違い

木村花さん死去の裏にある「リアル」と「リアリティー」番組の違い

文=日刊サイゾー

テラスハウス公式サイトより

 責任の所在はどこに?

 人気恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演中の女子プロレスラー・木村花さんが5月23日に亡くなったと発表された。22歳だった。所属団体のスターダムは公式サイトで「当社所属選手 木村花選手が本日5月23日逝去いたしました」と報告し、「突然のことでファンの皆様、関係者の皆様には深いご心配と、哀しみとなり、大変申し訳ございません」とコメント。死因については「詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります」と結んでいるが、自ら命を絶った可能性が高い。

 木村さんはフジテレビとNetflixで放送されている『テラスハウス』に出演。ヒールキャラを演じていたこともあり、誹謗中傷が殺到していた。

「彼女のSNSには1日に100件以上の『死ね』『うざい』といったメッセージが寄せられていました。母親で元プロレスラーの木村響子さんの元にも『あなたの娘はモラルのかけらもない』などとするDMが送られていたようです」とはスポーツ紙記者。

 一部で精神的に不安定な面もあったと報じられた木村さんだが、それは理由にならない。容赦なく誹謗中傷を浴びせた者が悪いに決まっている。

「テラスハウスは『リアリティー番組』と題していますが、実際は演出や編集で“盛られている”部分が多い。ストーリーもカチッとした台本はないものの、ある程度の方向性やそれぞれのキャラクター設定はある。ようは『リアリティー(現実味)』であって『リアル(現実)』ではないのです。そのあたりのことを考えないで、番組内の花さんを素の姿と信じ込んでいる人が多すぎる。結果、こうした悲劇を生み出してしまうのです」(テレビ関係者)

 木村さんの死を受けて番組公式ツイッターは、25日深夜にフジテレビで放送予定だった「39th WEEK」、Netflixで配信予定だった「43rd WEEK」(26日~)「44th WEEK」(6月2日~)をすべて休止すると発表した。

「このまま打ち切りが濃厚です。特に外資であるNetflixはこうした出来事を嫌いますからね」(同)

 なんとも後味の悪い終わり方になってしまったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/25 21:00

木村花さん死去の裏にある「リアル」と「リアリティー」番組の違いのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

“鬼母”長澤まさみが恐怖

 人気コミックの実写化映画『キングダム』...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

 今年3月、麻薬取締法違反容疑で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の実刑判決が言い...
写真