日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 「炎上しない加藤紗里」需要はある?

出産で悪女キャラ崩壊!? 「炎上しない加藤紗里」に芸能界での需要はあるのか

文=日刊サイゾー

加藤紗里

 ネットの炎上で命を落とした人がいる一方で、炎上によって芸能界でポジションを築いた人もいる。

 タレントの加藤紗里が5月28日、自身のインスタグラムを更新。友人から出産祝いに高級ブランド・ルイヴィトンのバッグをプレゼントされたことを報告した。

 コメント欄には、「お子さんはお留守番ですか?」「生後間もない子を置いて外食ってありえない」「赤ちゃん預けてまで出かける大事な用事でしょうか?」と、批判の声も上がったが、「バッグ素敵ですね、さりさんにお似合いです!」「本当に産後ですか?めちゃくちゃスタイルいい」といった応援コメントも書き込まれ、生まれたばかりの子供を預けて食事に出かけた加藤の行動に賛否両論あったようだ。

 これを受け、「完全に彼女のキャラクター設定が崩壊している」と言って、テレビ関係者がこう苦笑する。

「加藤といえば、お笑い芸人・狩野英孝との二股騒動で注目を集め、その後も悪女キャラでたびたびネットが炎上。そのことで一躍有名人となりました。しかし、そんな彼女の悪い評判は、実は業界内ではあまり聞こえてこないんですよ。それどころか、大御所であるテリー伊藤やハイヒールモモコなどにも可愛がられていることから、『テレビでのキャラは演出で、本当は素直で良い子なのでは?』とそのキャラクターはメッキが剥がれ始めています。そのうえ、妊娠中はどれだけ叩かれても頑なに貫いていた尖ったネイルも、出産後には『子供を傷つけたくないから』との理由で外したことも、好感度アップとなったようです。最近では、顔も優しくなってきたとファンから指摘されているので、これまでと同じ悪女キャラを貫いていくのは難しいのでは?」

 今後も芸能界で生きていくために、ママタレントへ路線変更を考えているかもしれないが、炎上しない加藤に果たして需要はあるのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/01 06:30

出産で悪女キャラ崩壊!? 「炎上しない加藤紗里」に芸能界での需要はあるのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真