日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 渡部建、自粛であの人が代役も

アンジャッシュ・渡部建、番組出演自粛で「グルメ芸能人枠」争奪戦とあの人にラブコール殺到か

文=日刊サイゾー

 内心ニンマリしている人たちもいるかもしれない。

 アンジャッシュ・渡部建が6月9日、出演するテレビ各局に対し、番組出演の全面自粛を申し入れたことを各メディアが報じた。  

「理由については、視聴者が不快に思うようなスキャンダルを起こしたことを挙げ、『番組に迷惑を掛けたくない』と説明しているとのことですが、業界内では『DV』『AV女優と不倫』説が駆け巡っています。誰もが憧れる美貌の持ち主である佐々木希と結婚しておきながら、彼女を傷つけるような行動をしていたとしたら、杏を裏切って不倫した東出昌大以上の袋叩きに合う可能性もある。下手をすれば芸能界追放の危険にさらされるかもしれません」(芸能記者)

 番組降板となれば、まるっと空くのが、これまで渡部の独壇場となっていた「グルメ芸能人枠」だ。コロナ禍で外食を控える人が多いことで、各局とも視聴者が食べた気になれるグルメコーナーに力を入れたいタイミングでもある。

「渡部以外のグルメ芸能人で思いつくのは中尾彬、寺門ジモン、石塚英彦、彦摩呂といったところ。しかし、いずれも目新しさがなく渡部の穴埋めとしてはパンチ不足。それならいっそ、昨今の潮流となっている人気ユーチューバーを抜擢して、グルメ版の『フワちゃん』を発掘したほうが安上がり。もし大化けしたらそれこそテレビ界的には“おいしい”ですからね」(テレビ関係者)

 一方で、渡部以上に数字が期待できるあの人へのラブコールも殺到しそうだという。

「『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)でおなじみのGACKTです。“一流芸能人”の彼が薦める店であれば、視聴者も行ってみたいと思うはず。しかもGACKTは高級店だけでなくラーメンやお菓子といった庶民フードにも造詣が深い。渡部は説得力を持たすために、うんちくを垂れ流すタイプですが、GACKTはただ一言『うま』と言うだけで華がありますからね」(前出・テレビ関係者)

 ポスト渡部となるのはいったい誰?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/10 06:45

アンジャッシュ・渡部建、番組出演自粛で「グルメ芸能人枠」争奪戦とあの人にラブコール殺到かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

瓜田純士『ジョーカー』に返歌

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が、瓜田夫婦名義の4thシングル「WHO I...
写真