日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 永田町では安倍下ろしの下剋上
週刊誌スクープ大賞

永田町では安倍首相を引きずり下ろす“下剋上”が! 「迎撃ミサイル」の停止はその象徴に

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

「週刊文春」(文藝春秋)2020年7月2日号より

今週の注目記事・第1位「安倍『亡国のイージス』当初から『迎撃不能』防衛省『機密文書』入手」(『週刊文春』7/2号)

同・第2位「<幽霊法人>幹部をひた隠し、電通『350億事業』に新疑惑」(『週刊文春』7/2号)

同・第3位「『原監督』常軌を逸した『賭けゴルフ』-メンバーが犯罪的握りを告発!」(『週刊新潮』7/2号)

同・第4位「渡部建<独占告白90分>佐々木希の叱責『あなたは舐めている』」(『週刊文春』7/2号)

同・第5位「北朝鮮暴発で日本に火の粉」(『週刊新潮』7/2号)

同・第6位「予知を可能にする『電離層前兆予測』-『メガ地震』に備えよ!」(『週刊新潮』7/2号)

同・第7位「江口拓也&元『バンドリ!』メンバー、超高級マンションで極秘同棲中」(『フライデー』7/10号)

同・第8位「怖いものなし手越祐也が描く新しい芸能界のカタチ-フォロワー100万人超」(『フライデー』7/10号)「手越祐也、やっぱり『ホスト転身』の新証言!」(『FLASH』7/14号)

同・第9位「伊集院静 クモ膜下出血から生還し、この150日間じっと考えたこと」(『週刊現代』7/4・11号)

同・第10位「新聞&テレビの『世論調査』を調査する」(『週刊ポスト』8/10・17号)

同・第11位「「池上彰 佐藤優 アフターコロナの世界」(『週刊朝日』7/10号)

同・第12位「上場企業を含め企業倒産は年1万件超」(『サンデー毎日』7/12号)

同・第13位「<香典持参>秘書が告発「菅原の悪事、全て話します」(『週刊文春』7/2号)

同・第14位「久代アナ、ユーチューバー恋人と警察沙汰で衝撃の結末」(『週刊文春』7/2号)

【巻末付録】現代とポストのSEXYグラビアの勝者はどっちだ!

 始める前に、2019年7月から12月までのABCの部数が発表されたので紹介しておこう。

 全部の雑誌で第1位は、やはり家の光で約49万部。前年比で95.35%である。

 2位がすごい、たしか通信販売だと思うが、中年婦人雑誌ハルメクが約30万部で、前年同期比で141.35%という大躍進。

 中年のオバサンをターゲットに、通信販売専門誌にしたことが、成功している秘訣か。

 第3位が、次々にスクープを放っている週刊文春。だが部数は約28万部、前年同期比でも89.62%と低調である。

 文春の本誌、文藝春秋は約21万部で、前年同期比が97.90%。

週刊現代が第8位、約20万部で、前年同期比が94.57%。週刊新潮が約19万部、同87.66%、週刊ポストが約19万部で同94.76%。

 新潮、ポストの落ち込みが激しくなってきたようだ。

 隔週刊誌のプレジデントが頑張っている。約14万部で同99.90%。

 フライデーは約7万8千部で、同87.45%。FLASHは約5万部で、同75.81%。

 新聞社系では週刊朝日が約6万部で同89.27%、サンデー毎日に至っては約3万部で同88.47%である。

 新潮、 ポスト、フライデー、FLASHが休刊危険水域に近づいてきているということだろう。

 だが、ジャーナリズムでは一強といわれる文春も下げ止まらない。

 この新型コロナウイルス感染拡大のなか、休業していた書店も多かった。吉と出るわけはない。

 今年が週刊誌にとって、これまで以上に厳しい年になることは間違いないようだ。

 まずはじめに文春から。

 久代萌美(30)というアナがフジテレビにいるそうだ。おっとりした印象とは違って、明石家さんまや松本人志にイジられても、歯に衣着せぬ切り返しで人気だそうである。

 そんな久代は、ユーチューバーの「北の打ち師達」(なんじゃそれは?)の“はるくん(24)”というのと熱愛中だそうだ。

 だが、そんな2人がいい争いになり、はるくんが友人に仲裁してもらおうとLINEしたら、勘違いしたその人間が警察に通報して、2人のいるマンションに警察官が駆け付け騒ぎになったそうである。

 昨今の若い人は、事の軽重がわからないのだろう。警察に連絡すべきことか、時間をおけば解決するのかの見極めがつかないのだ。久代という女も、年下の男相手に夫婦喧嘩の真似ごととは、大人げない。

 やはり文春から。同誌が報じていた菅原一秀前経済産業相の公職選挙法違反容疑は、東京地検特捜部が不起訴処分(起訴猶予)にした。

「特捜部は、秘書が香典を代理で持参したことは違法と認定したものの、あくまで例外的な行為だったとして『公選法を無視または軽視する姿勢が顕著とまでは言いがたい』と判断した。経産相を辞任し、謝罪したことも考慮したとい」(朝日新聞DIGITAL 6月26日 5時00分より)

 今週も文春で菅原の元秘書たちが、菅原の悪事を口々に話しているが、これが事実だとしたら、政治家失格である。選挙民たちは、このことを決して忘れずに、総選挙があれば、「清き一票」を、汚れた候補者に投じてはいけない。

12345

永田町では安倍首相を引きずり下ろす“下剋上”が! 「迎撃ミサイル」の停止はその象徴にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

菅内閣は古傷が次々に暴かれる?

今週の注目記事・第1位「昼下がりのラブホ密会...…
写真
インタビュー

日本人の歪んだ愛国心に未来は?

 昨年刊行された『日本国民のための愛国の教科書』(百万年書房)という本がある。タイト...
写真