日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『テラスハウス』でフジの思惑

『テラスハウス』をめぐる問題でどうしても責任を取りたくないフジテレビの思惑

文=日刊サイゾー

「テラスハウス」公式サイトより

 Netflixとフジテレビ系で放送されていたリアリティー番組『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラーの木村花さん(享年22)が、SNS上で誹謗中傷を受けた後に死去した問題で、注目されているのは過剰な演出などの“やらせ”があったかどうかだ。

 木村さんが誹謗中傷を受けたのは、3月末、Netflixで自身の大事なコスチュームを洗濯して縮ませた同居男性をビンタした“コスチューム事件”が放送されてから。

 その後、フジは公式YouTubeにその動画をアップし、さらに亡くなる5月23日の直前に地上波で放送。花さんの死後、YouTubeの動画は削除されたが、いまだにNetflixで配信中だ。

「フジはNetflixに権利を売っているので、動画の削除を要請できない。契約の関係もあるので外資系のNetflixは金になれば……という思惑もあるだろう」(広告代理店関係者)

 花さんの母で元プロレスラーの響子さんは、2日に発売の「週刊文春」(文藝春秋)に対し、花さんから“やらせ”の支持を受けていたことを告白されていたことを“証拠”とともに暴露。しかし、翌3日、現在、真相を究明中のフジは定例社長会見の席で、“やらせ”について真っ向から否定した。

 ところが、9日発売の同誌で、花さんからビンタをくらった小林快さんが、「(番組内で)やらせ指示はあった」と暴露し、「僕は断れたけど、御しやすい人たちに無理強いしていた」などと証言したのだ。

「小林さんは花さんの無念を晴らしたいようで、事務所をやめてまで内幕を暴露。一方、フジは制作会社に任せ、現場にスタッフを送り込んでいなかったため、まるで他人事。なので、そこまで真剣に検証しているわけではない。あくまでも内々に現場を仕切っていた制作会社に責任を負わせて幕引きしたいようだ」(放送担当記者)

 響子さんは徹底抗戦の構えを表明しているだけに、フジの思惑通り穏便に事態を収束するのは難しそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/11 06:30

『テラスハウス』をめぐる問題でどうしても責任を取りたくないフジテレビの思惑のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真