日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ナイナイ岡村、生放送復帰の裏事情

追い風が吹いた!? ナイナイ岡村、『オールナイトニッポン』生放送復帰の裏事情とは?

文=日刊サイゾー

ナインティナイン・岡村隆史

 ニッポン放送の檜原麻希社長が8日に開いた定例会見で今年4月に女性への軽蔑発言で騒動を起こしたお笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が出演する番組『オールナイトニッポン』について生放送への復帰をさせる意向を示した。

 席上、檜原社長は一連の騒動について放送局の責任者として改めて謝罪。出演者、制作者双方が話し合い、現在は相方の矢部浩之も加わりコンビとして番組をリニューアルした経緯がある。これには「局としてもバックアップしたい」と話した。

「矢部さんが参加しなければその時点で番組は事実上、打ち切りになっていた。相方が見捨てなかったのが一番大きい」と同局関係者は口にするが、番組自体は完全復帰には至っていない。

「現在は水曜日の午後以降で事前収録しそれを木曜日の深夜に放送している。そのため、タイムラグがあったり、緊急性の高いニュースが飛び込んだ場合、放送をいったん止めてアナウンサーがニュースを読まないといけない状況。何よりリスナーと出演者での一体感が欠けたままですから……」(同)

 その中で檜原社長は同番組は「生放送」であることが大きなコンセプトであると強調、「しかるべき時期がくれば生放送に戻したい」と言及したのだ。

「生放送が怖いところは失言しても取り返しがつかないところ。一度、事故を起こしている岡村が今なお出演している状況ですが、それでもあえて“生”に戻すというわけですから。揚げ足取りをやってくる者もいるでしょうし、芸能メディアの注目度も変わってくる。それでも“生”にこだわるのですからね。ラジオ局にとってはピンチをチャンスに変えようとこのご時世では珍しく前向きにとらえているなという印象を受ける」(同)

 岡村にとっては思わぬ追い風を受けたといっていいだろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/12 10:00

追い風が吹いた!? ナイナイ岡村、『オールナイトニッポン』生放送復帰の裏事情とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真