日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > アンガールズ山根が空気扱い

最強は田中だけ!? 『バナナサンド』アンガールズ特集も山根を“空気”の扱い

アンガールズ・田中卓志

 売れっ子芸人と“じゃないほう芸人”の差は歴然?

 7月22日に放送されたトークバラエティ番組『バナナサンド』(TBS系)に、お笑いコンビ・アンガールズがゲスト出演した。

 MCのバナナマンとサンドウィッチマンはアンガールズを、「芸能界最強」と認定。番組では「アンガールズ不死鳥伝説」と題して、デビュー以来20年、浮き沈みの激しい芸人人生を送ってきたアンガールズの成功の裏側を公開したほか、アンガールズの持ちネタ「ジャンガジャンガ」の後継者の座を巡り、8組の若手芸人がオリジナルのジャンガジャンガネタを披露した。

 そんななか、視聴者が気になったのは、田中卓志と山根良顕の扱いの差だ。

「ここ数年、アンガールズのコンビ格差は広がる一方。地上波レギュラー5本の田中に対し、山根は0本。コンビで出演していた情報番組『バイキング』(フジテレビ系)を山根だけが降板させられています。今回もコンビでの出演が久しぶりでしたが、 紹介VTRなども途中から田中のことしか言及せず、山根は“空気”と化し、田中だけが目立つ形になっていました。バナナマン・設楽統は過去のラジオ番組で、相方の日村勇紀以外にこれまで一番番組で絡んだ芸人に田中を挙げ、あらゆる立ち位置をこなしていることから『田中最強説』を唱えていました。このとき山根についてはスルーしていましたから、厳密にいえば芸能界最強なのもアンガールズというより田中という意味での企画だったと思われます」(テレビ誌ライター)

 山根が唯一クローズアップされたのはハマっているという筋トレの動画を紹介されたときのみ。しかし、まだ肉体改造の途中の体付きで、筋肉芸人のなかやまきんに君や品川庄司・庄司智春からはトレーニング方法をダメ出しされる始末だった。

「コロナ不況によって、今後はテレビ番組の制作コストは抑えられる。必然、出演者の数が絞られ、コンビの片割れだけが呼ばれるケースが増えることになります。同じ非モテ芸人の出川哲朗は50歳を超えてから人気のピークを迎えましたが、すでに引っ張りだこの田中ですが、まだ大ブレイクの入り口くらいだと思いますよ」(テレビ関係者)

 山根にも再ブレイクのチャンスが訪れるのは、完全なる「マッチョ芸人」となったとき⁉

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/07/25 06:30
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真