日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 森七菜ドラマに胸キュンできない

森七菜と中村倫也に恋愛ドラマ決定報道も、視聴者が胸キュンできない2つの理由とは?

文=日刊サイゾー

森七菜(ARBRE公式プロフィールより)

 視聴者を胸キュンさせることができるだろうか。

 女優の森七菜の主演ドラマが決定したと、7月27日配信のWEBサイト「日刊大衆」が報じている。

「記事によれば、TBSの火曜22時枠で放送は冬か年明けになるとのこと。同枠といえば、新垣結衣と星野源が『逃げるは恥だが役に立つ』で、上白石萌音と佐藤健が『恋はつづくよどこまでも』でそれぞれ視聴率を胸キュンさせており、今や『ラブラブ枠』となっています。森の相手役は当代きっての王子キャラで人気急上昇中の中村倫也だといいますから、恋愛ドラマの可能性が高そうです」(芸能記者)

 最近はドラマ、CMに引っ張りだこの森。放送中のNHK朝ドラ『エール』では、ヒロインの妹・関内梅役を好演しており、一部では近い将来の朝ドラヒロイン候補だと報じられてもいる。

 しかし報道を受け、女性が集まるネット掲示板では、「この子、なんでゴリ押しされてるの?」などと、辛らつな意見も散見でき、森のもっさりとしたルックスは、恋愛ドラマのヒロインとしては不安材料となりそうだ。

 さらに、テレビ誌ライターは別の不安を指摘する。

「現在18歳の森ですが、仮にラブストーリーであるなら、相手が33歳の中村というのはいささか年が離れすぎている。以前、フジテレビの月9ドラマ『ラブソング』で、福山雅治と藤原さくらが27歳差だったことで視聴者がドン引き。ドラマの視聴率も爆死しています。そこまでの差ではないとはいえ、やはり少々キツイのは間違いない。19歳の浜辺美波が中村と共演した際に、彼を見る目が恋する乙女のようだったとして、熱愛が噂されましたが、中村のほうが妹としか見ていないような態度だったため、あっさりと立ち消えとなりました。森ではなおさら妹扱いされてしまいそうですね」

 まだ正式発表がされていない状態ではあるが、森のブレイクのきっかけとなればいいが。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/29 12:00

森七菜と中村倫也に恋愛ドラマ決定報道も、視聴者が胸キュンできない2つの理由とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

インタビューまとめ

 新年あけましておめでとうございます! ゴシップサイトとして名を馳せる日刊サイゾーで...
写真