日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 松村邦洋YouTubeデビュー

松村邦洋、YouTubeデビューで視聴者を驚かせた『電波少年』仕込みの技術とは?

文=日刊サイゾー

 1990年代、人気バラエティー番組『進め!電波少年』(日本テレビ系)での体当たりロケで大ブレイクしたタレントの松村邦洋が8月20日、満を持して『松村邦洋のタメにならないチャンネル』というタイトルでYouTubeデビューを果たした。

 初回の動画では、本人がデビュー前から大ファンである歌手の中森明菜のマル秘エピソードを初披露。「実家に遊びに行きます」という内容のファンレターを送ったり、中森の所属事務所に「ファンクラブはまだか」と何度も電話で問い合わせたりしたという。

 ネット上では「明菜ちゃんのエピソードもっと聞きたい!」「次の動画も楽しみにしています」とのコメントが寄せられ、視聴者は大いに楽しんだようだ。

 YouTubeに詳しいライターは、「松村の動画には、他のYouTuberと段違いな点がある」と言ってこう続ける。

「一般的にYouTube動画は、面白く見せるための派手な演出に加え、トークは細かく編集されているものが多いんです。しかし、松村の動画はほぼノーカットでしゃべり倒し。カンペを見たり、セリフを噛むこともなくすらすらと進行していく様子はお見事でした。現在は、全盛期ほどの勢いは見られない松村ですが、『電波少年』仕込みの実力があればYouTuberとして再ブレイクできるかもしれません」

 もしかしたら、規制の厳しくなったテレビでは放送できないような、「電波少年的」な突撃企画が実現するかもしれない?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/25 10:00

松村邦洋、YouTubeデビューで視聴者を驚かせた『電波少年』仕込みの技術とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

“箱の中身”が組み直すいくつかの関係

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真