日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 藤井二冠で囲碁の怪物はスルー

将棋・藤井聡太二冠の陰で、囲碁界の“若き怪物”がスルーされてしまうワケとは?

文=日刊サイゾー

藤井聡太

 将棋界は、史上最年少となる18歳1カ月での二冠&八段昇段を達成した“藤井聡太ブーム”の真っ只中だ。

 8月22日に行われた非公式戦の団体戦『第3回AbemaTVトーナメント』では、王位・棋聖の二冠としての初陣を優勝。秋から始まる王将戦挑戦者決定リーグ戦で三冠を目指すこととなり、ますます一挙手一投足が注目を浴びるだろう。

 一方、藤井二冠の陰に隠れているが、同じ盤上の競技である囲碁界にも歴史を塗り替え続ける「怪物」がいることは、あまり知られていない。新聞記者が言う。

「芝野虎丸九段です。彼は昨年19歳で名人のタイトルを獲得したのを皮切りに、王座、十段と三冠を獲得。藤井二冠同様に、囲碁界の最年少記録を更新し続けています。藤井二冠については『年齢が近いこともあり、藤井さんの活躍をニュースでみると自分も更に頑張ろうと、勇気をもらえます』とコメントするなど、かなり意識しているようです」

 将棋界では、藤井二冠のほかに「羽生善治」という知名度が全国区の棋士がいる。片や囲碁界に二度の七冠独占を達成した「井山裕太」が絶対王者として君臨。こうしたレジェンドに若き天才棋士が挑む構図は同じなのだが、どうにも世間の盛り上がり方には大きな開きがある。

「競技人口を比較すると、将棋の530万人に対して囲碁は200万人と半分以下です。 世界的には囲碁のほうがメジャーなのですが、ルールが難解で勝敗の見極めがわかりづらいというのも、とっつきにくく思われる理由でしょう。2000年代初めに、『週刊少年ジャンプ』(集英社)誌上で連載されていた『ヒカルの碁』が大ヒットしたことにより、子どもたちの間に空前の囲碁ブームが生まれつつあったのですが、それを活かし損なったのも大きかった」(前出・新聞記者)

 藤井二冠の場合、連勝記録更新や初タイトル奪取時に「号外」が飛び出し、情報番組は「勝負メシ」を取り上げるほどだった。

 芝野三冠は、あとどれほどの偉業を成し遂げれば、藤井二冠を追い抜けるだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/25 17:30

将棋・藤井聡太二冠の陰で、囲碁界の“若き怪物”がスルーされてしまうワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

瓜田純士「人生3回目の花が咲く?」

 東京五輪イヤーが幕を開け、日本は果たしてどう変わるのか? 千里眼とプロファイル力を...
写真