日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 「房総のダル」西武相内4アウト

8年間で5度の不祥事!「房総のダルビッシュ」こと西武・相内の破天荒な野球人生

文=日刊サイゾー

8年間で5度の不祥事!「房総のダルビッシュ」こと西武・相内の破天荒な野球人生の画像1
球団公式ホームページより

 8年間で4度──これが優勝やタイトル獲得数なら素晴らしいが、それが謹慎処分の回数ではシャレにならない。

 埼玉西武ライオンズの相内誠が、またしてもやってくれた。相内はプロ入り8年目で、通算0勝7敗。「そんな選手は知らない」という声も聞こえてきそうだが、“あの事件”を掘り起こせば「あいつか!」と思い出す方も多かろう。

「相内は甲子園出場経験こそないものの、140キロ超の球速を誇り、スラリとした長身もあいまって『房総のダルビッシュ』とも呼ばれ、2012年にドラフト2位で西武に指名されました。当初は、児童養護施設出身であることが話題になりましたが、大騒ぎになったのがドラフト指名直後の12月に起こした事件です。高速道路でスピード違反で捕まり、無免許運転だったことが発覚。前代未聞の『入団凍結』という処分になりました」(週刊誌のプロ野球担当記者)

 その後、相内はどうにか無事にプロ入りするが、問題児ぶりは一向に収まらない。

「14年1月には、未成年ながら飲酒&喫煙していたことが発覚。前年の11月と12月にも同様の行為があったことがわかり、6カ月間の謹慎処分となりました。4年後の18年には自損事故を起こし、数試合の出場停止と1年間の運転禁止の処分。さらに今年4月には、コロナ禍での外出自粛期間中にもかかわらずゴルフに行き、無期限の対外試合出場禁止処分に。同じく外出自粛期間の3月にも、同僚の金子侑司と合コンに行き、写真週刊誌に撮られています」(同上)

 野球なら3アウトでチェンジだが、相内はすでに“4アウト“。合コンの件も含めればアウトは5つを数える。球団サイドもそこまでして守る必要がある選手なのか? 2軍戦にも足繁く通うスポーツライターはこう語る。

「2軍では15年にイースタンの最多勝に輝きましたが、その翌年に右ヒジを痛め、ブレイクのチャンスを失ったのが大きかったです。その後も、2軍ではそこそこのピッチングをするものの、1軍に上がると制球が定まらず、四球でランナーをためて、勝負所で打たれることの繰り返し。本業も冴えないうえに、トラブル続きとあっては球団の管理体制も問われます。いくらドラフト2位入団でも、高卒8年目で0勝は我慢の限界。間違いなく今季でサヨナラでしょう」(スポーツライター)

 投手の基本は「外角低め」だが、こんな“アウトロー”ではダメということか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/26 17:00

8年間で5度の不祥事!「房総のダルビッシュ」こと西武・相内の破天荒な野球人生のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

村西とおるが緊急エール!

 4月7日に発令された緊急事態宣言も、すべての都道府県で解除され、数カ月に及ぶパンデ...
写真