日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 石橋貴明の24分間テレビ大反響

石橋貴明の『24分間テレビ』大反響の裏で、視聴者が期待していた“別の企画”とは?

文=日刊サイゾー

とんねるず・石橋貴明

 すっかり、YouTuberぶりが板についてきたようだ。

 8月22~23日に日本テレビ系恒例のチャリティ番組『24時間テレビ』が放送されたが、とんねるずの石橋貴明が23日の夜に自身の公式YouTubeチャンネルで『24分間テレビ~石橋が地球を救うかも~24 MINUTES TELEVISION “ISHIBASHI MAY SAVE THE EARTH”』を公開した。

「石橋は東京・お台場から両国国技館のゴールを目指してマラソンを開始。完全なる『24時間テレビ』のパロディで、元プロ野球選手・清原和博の『貴さん、いつも僕に勇気と希望をくれてありがとう!僕が×××(編集でピー音)やめられたのも、今の貴さんが居たからです。NOシャブNOライフ! 清原和博』との応援メッセージには、石橋も思わず吹き出してしまったほど。視聴者からも『笑いすぎてお腹痛い』といった反響が寄せられていました。石橋もしてやったりでしょう」(芸能ライター)

 実は、数日前から「緊急告知」として内容は明かさないまま23日にライブ配信を行うことが発表されていたのだが、視聴者は別の企画を予想していたという。

「以前の動画で、石橋はYouTubeチャンネルの演出を務めるマッコイ齊藤氏と共に音楽ユニット『Ku-Wa de MOMPE(くわともんぺ)』を結成することを発表。後藤次利氏作曲の『Stranger to the city』のレコーディング風景を配信していました。

 作詞・ボーカルはKu-Wa(石橋)で、同じくボーカルのマッコイ氏はコートジボワールのハーフの山形県人という設定。動画では曲のほんの触りが明かされていただけで、フルバージョンは未公開でした。石橋も『紅白を目指す』と意気込んでいたため、それがついてベールを脱ぐのではと期待していた人が多かったようですね」(前出・芸能ライター)

 かつて石橋は、後藤氏と組んで『野猿』で一世を風靡したこともある。昨年は野猿のメンバー2人と新ユニット『B Pressure(ビープレッシャー)』を結成したが、不完全燃焼だった感はぬぐえない。しかし、YouTuberとして再ブレイクした今なら、勝算は大いにあり。次の「緊急告知」を待ちたいところだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/26 17:50

石橋貴明の『24分間テレビ』大反響の裏で、視聴者が期待していた“別の企画”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真