日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > G菅野「短縮シーズンで20勝」の現実味

開幕9連勝のジャイアンツ・菅野「短縮シーズンで20勝」の現実味

文=日刊サイゾー

開幕9連勝のジャイアンツ・菅野「短縮シーズンで20勝」の現実味の画像1
Getty Imagesより

 少しでも自分を高く売るために、無理をするタイミングなのかもしれない。

 新型コロナウイルス騒動により、およそ3カ月遅れでスタートした2020年のプロ野球で、飛び抜けた成績を残しているのが巨人の菅野智之だ。開幕戦は2失点、2戦目のヤクルト戦では5失点と、今ひとつだったものの、7月に投げた4試合では、自責点はわずか1。8月25日のヤクルト戦で開幕9連勝を達成し、偉大なる先輩・斎藤雅樹の記録を抜いた。

「昨年11勝に終わった菅野は、オフに大胆な投球フォームの改造に挑戦し、それがどう影響するか注目されていました。しかも改造を手がけたのはコーチやOBではなく、スポーツアカデミーの主宰者。失敗すれば猛批判に晒されるのは必至でしたが、体重移動がスムーズになって、変化球がキレるようになった上、制球も安定しており、危なげない投球が続いています」(週刊誌のプロ野球担当記者)

 エース菅野の活躍により、巨人は現在首位を独走。今シーズンは120試合という短縮スケジュールだが、菅野は54試合目で9勝を上げており、2013年の田中将大(当時・楽天)以来の20勝の期待さえ生まれてきた。

「今シーズンの菅野は1度だけ中5日で登板していますが、基本的に先発は週1回。このペースだと、残りの登板回数は10回なので、全部勝っても20勝には届きません。ただ、甲子園、神宮、横浜での試合が30試合近く残っているので、雨天中止になる試合もあるはず。1試合でも中止になれば、スケジュール上ではもう1回登板の機会は出てきます」(同上)

 かなり厳しい条件付きではあるが、数字上は20勝の可能性は残されているということだ。20勝をあげることは、ほかならぬ菅野のためでもある。フリーの野球ライターはいう。

12

開幕9連勝のジャイアンツ・菅野「短縮シーズンで20勝」の現実味のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

星野源の「一番ヤバいこと」

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真