日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > キングダム「自分で描いてる?」

『キングダム』原泰久氏のイメージが急落! 3股疑惑で「本当に自分で描いてるの?」の声

文=日刊サイゾー

小島瑠璃子

 法律を犯すのはともかく、名作を描く漫画家が必ずしも人格者である必要はないが、ファンはどこかモヤモヤした気持ちになっているようだ。

 8月27日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて、人気マンガ『キングダム』の作者・漫画家の原泰久氏が元アイドルのAさんと不倫関係にあったことが報道された。

 原氏は先日の「週刊ポスト」(小学館)で小島瑠璃子との交際が報じられたばかりとあって、世間からは驚きの声が上がっている。

「文春によると、原氏はAさんと番組での共演を機に2018年頃から恋愛に発展。原氏は3人の子どもを持つ既婚者でしたが、結婚をチラつかされたことで、このアイドルは婚約者と別れて原氏の元に飛び込みました。最近になってようやく離婚したものの、原氏が選んだのはアイドルではなく小島でした」(週刊誌記者)

 結婚どころか捨てられる形となったアイドルは哀れだが、妻からの略奪疑惑が浮上してバッシングされていた小島からすれば、アイドルからの略奪だったことは、わずかな救いだったかもしれない。

 一方、イメージが急落したのが、3股疑惑が浮上した原氏である。

「捨てられたAさんはツイッターで『5日間ご飯食べられず、眠れなかった』と傷心の様子。Aさんも小島も番組共演がきっかけだったため、ネット上では『連絡先聞いて口説いてたのか』『基本的に女好きなんだな』との声が飛び交っています。一部週刊誌が妻の手記を取ろうとしているとの話ですが、もし掲載されれば、またぞろ原氏に不都合な事実が出てくるかもしれません」(前出・週刊誌記者)

 また、週刊誌連載で多忙を極める中での3股に、「本当に書いているの?」と不審に思った人もいるようだ。

「以前のインタビューによると、原氏が抱えているスタッフは約8人。作画はオールアナログで、主要キャラを自身が描き、後は鉛筆で指示してペン入れ自体はスタッフがしているそう。スタッフは4日半で仕上げまで行っているとのことでしたが、その間に原氏は不倫相手としっぽりデートをしていたということになりますね」(芸能ライター)

 優秀なスタッフがいれば、小島と交際していても作品のクオリティはキープしてもらるということ?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/30 00:00

『キングダム』原泰久氏のイメージが急落! 3股疑惑で「本当に自分で描いてるの?」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(後編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真